« 事業復活支援金をご活用ください! | トップページ | 飲食店等への時短要請が延長されます »

2022年1月27日 (木)

登山届が出しやすくなりました!

群馬県警察では、今月(2022年1月)から、登山アプリ「YAMAP」と連携し、アプリで作成した登山計画を正式な登山届(登山計画書)として提出できるようになりました。

登山届、スマホで完結 群馬県警察と協定 | 株式会社ヤマップ (yamap.co.jp)

Img_1492

群馬県警察では、これまでも警察本部地域課や山岳を管轄する最寄りの警察署へ直接提出する紙ベースの登山計画書または登山カードのほか、郵送、FAX、ぐんま電子申請等受付システムによる電子申請、公益社団法人日本山岳ガイド協会が運営する「Compass(コンパス)」によるオンラインでの届け出、コンパスアプリによるスマホからの届け出など、さまざまな方法で登山計画書を受け付けています。(※谷川岳の危険地区への登山届を除く。)

tozan.html 群馬県警察 (pref.gunma.jp)

(↑のホームページでは、まだYAMAPとの連携について記載がありませんが、現在ホームページの更新作業中で、近々記載される予定とのことです。)

登山計画書には、入山日や下山日、行動予定、参加者の情報や緊急連絡先などのほか、携行している装備品などをチェックする欄などもあり、万が一山岳遭難が発生した場合の救助や捜索活動に有効な手掛かりとなる情報が記載されます。

しかし、2021年に発生した山岳遭難115件のうち、計画書が提出されていたのは31件で、3割に満たない状況となっています。そこで、近年登山愛好者のみなさんの間で利用が広まっている登山アプリと連携することによってこの比率を向上させ、より安全な登山の普及につなげてほしいと考え、10月19日に行われた決算特別委員会文教警察分科会で要望していました。

「YAMAP」との連携は、長野県に続き全国2番目とのことで、群馬県警察の迅速な対応をとても嬉しく思っています。

登山計画書が提出しやすくなったことが、より安全な登山につながるよう願っています。

|

« 事業復活支援金をご活用ください! | トップページ | 飲食店等への時短要請が延長されます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業復活支援金をご活用ください! | トップページ | 飲食店等への時短要請が延長されます »