« 群馬県 県営東毛ワクチン接種センター | トップページ | 明日28日、県議会で質問します! »

2021年5月23日 (日)

一時支援金と月次支援金

緊急事態宣言等の影響を受けて、月の売上が昨年(2020年)または一昨年(2019年)に比べ50%以上減少した事業者の方は、一時支援金(最大60万円)や月次支援金(1月ごとに最大20万円)がもらえる可能性があります。

Img_9155  Img_9129

一時支援金は今年(2021年)1月から3月までに出された緊急事態宣言の影響を受けた事業者が、月次支援金はこの4月から6月までの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響を受けた事業者が対象となります。
Img_9147
どちらも、緊急事態宣言等の対象地域でなくてもその影響を受けて収入が減少していれば、対象になりますので、月の売上が50%以上減少した事業者の方は、ご自身が対象となるかどうか、確認してみてください。
なお、月次支援金の申請受付はまだ始まっていませんが、一時支援金は受付中で、5月31日が申請の期限となっているので、早めに確認をお願いします。
一時支援金と月次支援金は制度がかなり似ており、一時支援金の対象となった事業者の方は、月次支援金の支給を簡単な手続きで申請することができます。
まずは、一時支援金の対象となるかどうか、やってみていただくと、月次支援金の申請方法も分かりやすいかもしれませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
ここでは、はじめに一時支援金の対象となるかどうかの考え方を解説します。
要件は2つ。
①緊急事態宣言とそれに伴う外出自粛要請の影響を受けていること。
②それによって、1月から3月までのいずれか1月でも前年または前々年の同じ月の収入が50%以下になっていること。
わかりにくいと思うので、①を少し詳しくみていきます。
①の緊急事態宣言の対象地域は、
栃木県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、 兵庫県、福岡県
です。
A これらの地域にある飲食店等と直接取引がある場合
B これらの地域にある飲食店等と間にいくつか事業者を介して取引がある場合(間接取引)
C これらの地域に住んでいる個人のお客さんと取引がある場合
で、緊急事態宣言や外出自粛要請の影響によってその取引が減少した場合が、①の「影響を受けている」にあたります。
Aは分かりやすいと思いますので、BCを見てみます。
Bは例えば、対象地域に出荷する野菜を作っている農家さんなどが考えられます。
直接対象地域の飲食店に野菜を売っていればもちろんですが、そうでなくても農協や市場を通して最終的に首都圏など対象地域に野菜を出荷していれば対象となります。お花やお肉、お酒などでも大丈夫です。
Img_9145
Cは、対象地域に住んでいる人たちがお客さんとして来ている宿泊施設などが対象となります。
宿泊台帳や顧客台帳などで確認できれば確実ですが、そうでなくても、各種統計などでも確認できます。
ちなみに、旅行関連事業者の方の場合は、群馬県の全域が対象地域のお客さんが5割以上来ている地域として、国の資料で示されていますので、Cに該当するとみなされます。
Img_9119
なお、旅行関連事業者とは、
飲食事業者(昼間営業等の飲食店等)、宿泊事業者(ホテル、旅館等)、旅客運送事業者(タクシー、バス等)、自動車賃貸業、旅行代理店事業者、文化・娯楽サービス事業者(博物館、美術館、動物園、植物園、水族館、公園、遊園地、公衆浴場、興業場、興業団等)、小売事業者(土 産物店等)等です。
Img_9148
ひとつ注意点があり、飲食店のうち、時短要請協力金の対象となっているところは、この支援金の対象となりません
つまり、太田市の場合は夜8時以降まで営業している飲食店等は対象外です。
ただし、夜8時までの営業時間のところは、協力金の対象ではないので、首都圏等の緊急事態宣言対象地域からのお客さんが来てくれていたのに、それが減って売り上げが落ちたという場合は対象になる可能性があります
ここまでご覧いただいて、もしかしたら、うちも対象になるかもしれないな、と思われた方もいるのではないでしょうか?
対象になりそうであれば、まずはこちらのWebサイトをご覧頂き、「仮登録(申請ID発番)する」ボタンを押して、アカウントを作成してください。
Img_9134
一時支援金の申請には、事前確認が必要です。
対象になりそうだ、と思われる方は、必要な書類を準備して、事前確認を行ってください。
事前確認に必要な書類
1 .本人確認書類 /履歴事項全部証明書(中小法人等のみ)
2 .収受日付印の付いた2019年1月~3月及び2020年1月~3月までをその期間に含む全ての確定申告書の控え
3 .2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)
4 .2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳
5 .代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」
事前確認は予約が必要です。
太田市では以下のところで行っています。
太田商工会議所
太田新田商工会
金融機関
  八十二銀行 太田支店
  アイオー信用金庫 太田営業部・高林支店・新田支店・韮川支店・藤阿久支店
  あかぎ信用組合 太田支店・新田町支店
  桐生信用金庫 内ヶ島支店・太田支店・太田西支店・高林支店・新田支店・韮川支店・藪塚支店
  しののめ信用金庫 藪塚支店
  ぐんまみらい信用組合 尾島支店・太田宝泉支店・新田支店・高林支店・藪塚支店
  東和銀行 太田支店・韮川支店・高林支店
  栃木銀行 太田支店
税理士等
  税理士法人 栗林会計事務所
  税理士法人 飯島会計事務所
  大島会計事務所
  茂木正己税理士事務所
  相原税理士事務所
  田村会計事務所
  涌井大輔税理士事務所
  眞下武久税理士事務所
  木村税務事務所
  福島江美子税理士事務所
  税理士正田孝事務所
  高木悦実税理士事務所
  増田会計事務所
  高橋美由紀税理士事務所
  久保田淳税理士事務所
  田島眞治税理士事務所
  中村税務会計事務所
  中澤税務会計事務所
  丹波克久税理士事務所
  栗田会計事務所
  行政書士 大山事務所
  行政書士 Office Sakai
太田商工会議所や太田新田商工会の会員の方、記載の税理士や行政書士等の顧問先の方、記載の金融機関の取引先の方などの場合は、必要な書類が5のみになりますので、なるべく該当するところをご利用ください。
事前確認がすみましたら、仮登録をしたWebサイトから、申請を行ってください。
申請に必要な書類
1 .確定申告書
2 .売上台帳
3 .宣誓・同意書
4 .本人確認書類
5 .履歴事項全部証明書 ※中小法人等の場合のみ
6 .通帳
7 .その他事務局が必要と認める書類
Img_9132
Img_9131
ウェブでの申請のやり方がよくわからない、という方は、サポート会場で教えてもらうこともできます。
群馬県のサポート会場は下記のとおりです。
  前橋テルサ5F
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町2-5-1
※ご利用には予約が必要です。
こちら↓からご予約お願いします。
https://reservation.ichijishienkin.go.jp/visit-appointment?meetingRoomCode=100101
Img_9118
最後に、一時支援金の問合せ・相談・サポート会場の電話予約などの対応を行っている電話窓口のご案内です。
0120-211-240 または 03-6629-0479
土日・祝日を含む全日 8:30~19:00 対応しています。
※現在、平日は21時まで対応時間を延長しているとのことです。
Img_9130
いかがだったでしょうか?
月次支援金の場合は、群馬県もまん延防止等重点措置の対象となっていますので、一時支援金よりもさらに当てはまる事業者の方が多くなると思います。
申請の受付が始まりましたら、またご案内いたします。

|

« 群馬県 県営東毛ワクチン接種センター | トップページ | 明日28日、県議会で質問します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬県 県営東毛ワクチン接種センター | トップページ | 明日28日、県議会で質問します! »