« 12月15日からの時短要請協力金、申請開始 | トップページ | 1月26日から2月8日まで時短要請 »

2021年1月16日 (土)

アルバイトの方でももらえます

新型コロナウイルス感染症の影響で、仕事が休みになり賃金が減ったパートやアルバイト、派遣を含む労働者の方で、休業手当がもらえなかった場合、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」の支給を受けることができます。
(※中小企業に勤めている人が対象です)
金額は通常の賃金の8割で、1日の上限は11000円です。昨年の9月から12月までの休業については、今年の3月31日まで申請ができます。
今年の1月〜2月の分は、5月31日までに申請してください。
申請は月ごとに1回にまとめて行います。
支給金について雇用主の負担はありませんので、書類作成に協力してもらって申請してください。
万が一雇用主の協力が得られない場合でも、必要な書類を用意できれば申請できます。
また、複数の事業所でアルバイトをかけ持ちしているような場合も、まとめて申請することができます。
すでに勤め先をやめてしまっている場合でも、勤めていたときにコロナの影響で休業させられ、休業手当をもらっていない場合は申請できます。
詳しくはこちら↓

|

« 12月15日からの時短要請協力金、申請開始 | トップページ | 1月26日から2月8日まで時短要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月15日からの時短要請協力金、申請開始 | トップページ | 1月26日から2月8日まで時短要請 »