« 会派から知事に提案! | トップページ | 29日から営業時間短縮要請第2弾がスタート »

2020年12月16日 (水)

感染症対策営業時間短縮要請についての質疑

12月15日感染症対策営業時間短縮要請協力金等の追加予算が上程され、会派令明を代表して質疑を行いました。
質疑の動画はこちら↓
Img_7519
質疑の持ち時間は6分しかないため、営業時間短縮要請の効果をどのように判定するのか、ということに的をしぼって質問しました。
今回の要請期間が経過したあと、そこで要請を終了するのか、それとも継続するのかを決めなくてはなりません。そのためには効果が上がっているかどうかを見極めなくてはならないわけですが、なにをもってそれを判定するのか、その基準を確認したわけです。
部長からは、
・クラスターの発生が抑えられたかどうか
・感染者数の増加に歯止めがかかったかどうか
・他の地域への広がりが抑えられたか
などの数字を見ながら判断するとの答弁がありました。
また前日の夜に、12/28からGoToトラベルを全国で一時停止することと12/16~1/11の期間、時短・休業要請に対する協力金支給上限額を2万円から4万円に引き上げるとの表明があったことから、このような大きな状況の変化があるので、2週間状況を見てからではなく、できるだけ早く対象地域の見直しや協力金の額の引き上げなどの対応してほしいと要望しました。
Img_7521

|

« 会派から知事に提案! | トップページ | 29日から営業時間短縮要請第2弾がスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会派から知事に提案! | トップページ | 29日から営業時間短縮要請第2弾がスタート »