« 新型コロナで深刻な影響を受けている事業者へ支援を! | トップページ | 新型コロナウイルス感染症対策の要望書を提出しました »

2020年3月17日 (火)

新型コロナ:医療機関や保育所・介護事業所などにも助成金が出ます

令和2年1月24日から7月23日までの間に、新型コロナウイルス感染症の影響で事業所が休業等を行い、労働者に休業手当を支払った場合、助成金が支給されます(雇用調整助成金の追加特例)。
Img_5868 Img_5869  
その対象は、全業種となっており、雇用保険適用事業所であれば、例えば医療機関や介護施設、保育所・学童保育所などもあてはまります。具体的には、働いている人が新型コロナウイルス感染症を発症して自主的に事業所を閉鎖した場合や、発症はしていないが行政の要請を受けて事業所を閉鎖し、事業活動が縮小した場合などで、前年同月比の売上高などが10%以上減少していることが条件です。
また、観光業や飲食業などで受注量が減って働いている人を休業させた場合なども対象となります。
(新型コロナウイルス感染症の影響の例)
・行政からの営業自粛要請を受け、自主的に休業を行い、事業活動が縮小した
・市民活動が自粛されたことにより、客数が減った
・風評被害により観光客の予約キャンセルが相次ぎ、これに伴い客数が減った
受給できる金額は、対象となる労働者一人1日当たり8330円が上限で、実際に支払った額の中小企業では3分の2、大企業では2分の1となります。
当てはまると思われる方は、群馬労働局職業対策課(027-210-5008)へ連絡し、相談してみてください。
雇用関係助成金に関する主なお問い合わせ先一覧

|

« 新型コロナで深刻な影響を受けている事業者へ支援を! | トップページ | 新型コロナウイルス感染症対策の要望書を提出しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナで深刻な影響を受けている事業者へ支援を! | トップページ | 新型コロナウイルス感染症対策の要望書を提出しました »