« 今後の活動について | トップページ | ニューイヤー駅伝 »

2018年12月31日 (月)

それを仕事にできるか

今年もあっという間に過ぎて、もう2018年も暮れようとしています。

今年も本当に多くの方に支えて頂き、活動を続けてこられたことに、心から感謝しています。

年末恒例の、親戚の餅つきで、好きなことを趣味でやるのと仕事にするのはちがう、という話がでました。

好きなことであればあるほど、自分で好きなようにやれる趣味でするのと、利益や採算を考えながら仕事としてやるのはちがう、という訳です。

わたしは、そのことを仕事にできるかどうかの見極めは、準備や下積み作業が苦にならないかどうか、ということではないかな、と思っています。

どんな仕事も、成果を披露する最終段階は華々しく、やりがいのあることだと思いますが、そこに至るまでの地味で地道な作業を黙々と続けることを苦にせずできるかどうかが、それを仕事にできるかどうかの分かれ目なのではないかと思うのです。

政治家という仕事でいえば、議会での質問や選挙戦での街頭演説は、多くの人の注目もあり、華々しい仕事ですが、そこに至るまでに積み重ねる多くの人たちとの対話や調査研究といったことを、どう感じるかが政治家を仕事として長く続けられるかどうかにつながるのではないかと思います。

現職を離れ、地域での対話を重ねる毎日を過ごしながら、改めて、自分がこの仕事を本当に好きなのだなと感じています。

応援してくれ、力を貸してくれているよく知っている人たちとのつながりを確認するとともに、まだ会ったことのない多くの人たちと出会うことのできる新鮮な日々。

袖触れ合うほどのわずかなご縁でありながら、応援し続けてくれている方たちがいるという奇跡。

必死で毎日を過ごしているたくさんの人たちの日々の中に分け入り、その想いを受けとめること。

そのどれもが貴重で、かけがえのない時間です。そんな日々を過ごすことができる自分は、本当に幸せだとつくづく思います。

この大切な経験を社会をよりスムーズに運営していくために活かし、その経験を与えてくれた人たちに少しでも還元できるように。

新しい年も、自分の天職に引き続き取り組めるよう、しっかりと活動していきたいと思います。

今年もお世話になりました。
新しい年が明るく希望に満ちた年となるよう祈りつつ、そのために一層力を尽くします。
来年もどうぞよろしくお願いします。

|

« 今後の活動について | トップページ | ニューイヤー駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それを仕事にできるか:

« 今後の活動について | トップページ | ニューイヤー駅伝 »