« 月曜日は朝宣から | トップページ | 市内を走り回っています »

2017年4月 4日 (火)

1パーセントまちづくり事業とおおた芸術学校

選挙戦も相当ヒートアップしてきているようで、市長交代するとこれまでの政策がみんなひっくり返されてしまうぞと脅しのようなウワサを流しているところがあるようです。

特に、1パーセントまちづくり事業とおおた芸術学校について、わたしが市長になったらなくなってしまうぞと言われたというお問合せを数多く頂きましたので、わたしの考えをお伝えしたいと思います。

1パーセントまちづくり事業は、市税の1パーセントを財源に地域の人たちのアイデアと労力を合わせて地域のための事業をしていくというものですが、現在は1パーセントにはまったく届かない金額の利用状況となっています。

使いづらいという意見もよく出ていて、なくすのではなく、もっと使いやすくして、その名にふさわしい金額まで使っていただけるようにするべきだと思っています。

また、芸術学校については、わたしも大人バージョンのおおた混声合唱団に所属していたことがあり、芸術学校の良い点、大変な点もよくわかっています。こちらも、維持し、発展させていきたい事業です。

わたしは、清水市政が全部いいとも全部悪いとも思っていません。いいところも、悪いところも、どちらもあります。いいところを伸ばし、悪いところを変えていくのは当然のことだと考えています。

|

« 月曜日は朝宣から | トップページ | 市内を走り回っています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103231/65108354

この記事へのトラックバック一覧です: 1パーセントまちづくり事業とおおた芸術学校:

« 月曜日は朝宣から | トップページ | 市内を走り回っています »