« 広島県留学生活躍支援センター | トップページ | 田園プラザかわば&昭和村のレタス・こんにゃく »

2015年8月27日 (木)

広島県緩和ケア支援センター

8月25日(火)、台風が迫りつつある風雨の中、前日に引き続いて佐藤一直県議にご案内いただき、広島県緩和ケア支援センターを訪問しました。

県立がんセンターに緩和ケア病棟を設置してほしいと議会でたびたび要望していた中で、がんセンターに緩和ケア病棟を設置するだけでなく、地域における緩和ケア推進の拠点として、県立広島病院に設置されている緩和ケア支援センターのような組織を作ってほしいと質問の中で取り上げたことがあり、実際に訪問する機会を得たことは喜ばしいことでした。

広島では、県立のがんセンターを設置しようとする動きがあったということですが、財政状況などの理由からそれが見送られ、県立病院の中に緩和ケア病棟を整備し、同時に県内全域における緩和ケア提供体制の構築を支援する拠点として緩和ケア支援センターを設置することとしたそうです。

センター設置は平成16年。お話を伺った本家センター長は開設の時からずっといらっしゃるということで、病院本体との連携や本院の医師のみなさんたちからの理解なども10年余を経てかなり進んできたとおっしゃっていました。

緩和ケアに関する研修は、医師や看護師・薬剤師・介護支援専門員やヘルパー・介護員を対象としたものまで、幅広くメニューが用意されており、医師の研修については2週間の長期にわたる研修派遣もあるなど、充実しています。

一方で、地域のお医者さんや介護施設などとの連携は今後さらに進めていかなければならないと考えていらっしゃるそうで、広島県内に当初少なかった緩和ケア病床がかなり充実してきたことが、結果的に在宅緩和ケアを推進する機運を緩めることにつながっている面もあるとのことでした。

悪天候の中、受け入れていただいた広島県緩和ケア支援センターのみなさまと、二日間にわたってご案内いただいた佐藤一直広島県議に改めて感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました!

|

« 広島県留学生活躍支援センター | トップページ | 田園プラザかわば&昭和村のレタス・こんにゃく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島県緩和ケア支援センター:

« 広島県留学生活躍支援センター | トップページ | 田園プラザかわば&昭和村のレタス・こんにゃく »