« がんばれ!クレインサンダース!! | トップページ | パナソニックワイルドナイツVS東芝ブレイブルーパス »

2013年12月22日 (日)

丸木位里・俊「足尾鉱毒の図」特別展

太田市学習文化センターのギャラリーで開催された「足尾鉱毒の図」特別展示を観に行ってきました。

P1020189s

この「足尾鉱毒の図」は「原爆の図」の作者である丸木位里・俊夫妻の共作によるもので、全6作ありますが、すべて太田市が寄贈を受け、所有しています。今回、田中正造没後100年の事業として特別展示を行ったもので、「渡良瀬川鉱毒根絶太田期成同盟会」の足跡とともに見ることができます。

全6作がすべて同時に展示されるのはこれが初めてではないか、ということでしたが、わたしも初めて全作品を生で観させていただきました。

作品の迫力は圧倒されるほどで、暗い背景の中に浮かび上がる人や生き物の様子は、鉱毒被害の恐ろしさと人々の苦しみをまざまざと感じさせます。その絵の中に、鉱毒問題とたたかった祖父や身内の人たちがいるのではないかと思うほど、決して写実的ではないのに現実味をおびた作品でした。

展示は明日22日の午後3時までということです。まだご覧になっていない方はぜひ、足を運んでみてください!

|

« がんばれ!クレインサンダース!! | トップページ | パナソニックワイルドナイツVS東芝ブレイブルーパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸木位里・俊「足尾鉱毒の図」特別展:

« がんばれ!クレインサンダース!! | トップページ | パナソニックワイルドナイツVS東芝ブレイブルーパス »