« フォトクラブ 悠 写真展 | トップページ | ぐんまちゃんの総決起集会 »

2013年10月 8日 (火)

健康福祉部・病院局関係審査

9月前期議会常任委員会2日めは、健康福祉部・病院局関係の審査でした。

議案関係では、1)動物愛護拠点施設整備について、2)在宅医療推進について、3)障害福祉サービス・通所支援の条例について、の3点を、所管事項では、1)福祉施設等における労働基準法・就業規則の遵守について、2)群馬県地域見守り支援事業について、3)がん治療技術地域活性化総合特区についての3点について質問しました。

議案関係の1)動物愛護拠点施設整備については、事業の効果として動物愛護精神の醸成による引き取り・処分頭数の減少と弱者に対するいつくしみと思いやりの心の醸成が挙げられていたため、これをどのように醸成していくのか、また啓発活動参加者数の目標について伺いました。

答弁では、命の大切さを伝える出前講座や、定期的な研修会の実施、犬のしつけ方教室の開催などを実施することで効果を上げていきたいということで、参加者数の目標については現段階では設定していないということでした。

2)在宅医療推進事業では、小児等在宅医療連携拠点事業と多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成事業の2事業があり、それぞれの事業の効果の見通しを伺いました。

また、3)障害福祉サービス・通所支援の条例については、条例の文言が示す内容の確認と、この条例改正による影響、利用の見通しについてうかがいました。

所管事項1)については、福祉施設等指導検査において労働基準法・就業規則の順守についてどのようにチェックしているか、また経営者等への研修の実施状況などをうかがいました。

2)はこの4月から始まった事業で、電気ガスなどライフライン事業者や宅配業などの民間事業者と県が協定を結び、事業活動の中でお年寄りの一人暮らし世帯などの見守りを実施していただき、必要な場合は市町村へ連絡するという内容です。この事業について現状と今後の見通しについてうかがいました。

最後に、がん治療技術地域活性化総合特区については、事業の経済効果の見通しと、これを機にがん対策基金の設置をぜひしてほしいと要望させていただきました。

|

« フォトクラブ 悠 写真展 | トップページ | ぐんまちゃんの総決起集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康福祉部・病院局関係審査:

« フォトクラブ 悠 写真展 | トップページ | ぐんまちゃんの総決起集会 »