« つるの剛士トークショー | トップページ | 太田地域県政懇談会 »

2013年2月13日 (水)

鳥獣被害対策成果発表会

群馬県JAビルで開催された鳥獣被害対策成果発表会を聞きに行ってきました。

130212_132035s

これは、群馬県の主催で行われたもので、鳥獣被害対策支援センターの役割と取り組み、協同研究の成果や、各地で行っている鳥獣害に強い集落づくりの取り組みや鳥獣外被害対策のさまざまな取り組みの発表の後、日本獣医生命科学大学野生動物教育研究機構の羽山伸一教授から提言を頂きました。

鳥獣被害は群馬県の中山間地だけでなく、わたしの住んでいる東毛地域など平坦地にも広がっており、先日はわたし自身も道路を横断していく大きなイノシシに出くわしてしまいました

鳥獣害に強い集落づくりのとりくみでは、集落全体で、被害の程度や、被害を与える動物の種類、数、どこからどのように出現しているのかなどさまざまな調査を行い、電気柵を設置したり、緩衝地帯を設けるための刈り払いを行うなどさまざまな取り組みを行っています。

また鳥獣被害対策支援センターでは、そのような取り組みを進めるための基礎となる研究や効果的な対策にむけた研究などが行われており、一口に鳥獣被害対策と言っても、単に被害を与える動物を捕獲あるいは駆除すればいいというものではなく、現状把握や動物ごとの特性などを十分に研究したうえで対策をとる必要があり、簡単ではないことがよくわかりました。

動物たちの生息範囲が拡大しつつある根本的な原因は、わたしたち人間の生息範囲が狭まりつつあることで、そのことは人口が減少しつつある社会が到来していることと密接な関係があります。鳥獣被害対策だけでなく、社会の多くの場面で、人口減少社会の影響が目に見える形で少しずつ明らかになってきているのだと思います。

人口増加時代とは違う手を打たなければならないことは、理屈の上では誰もがわかっているのだと思いますが、現実に政策を変更していくことは、まだまだうまくいっていないのだと感じました。

|

« つるの剛士トークショー | トップページ | 太田地域県政懇談会 »

コメント

 鳥獣被害については、人口の減少に依って、動物たちの生息範囲が拡大するのではなく、人口の増減に依らず、人間が山や湿地を開発侵食し、動物たちの生息範囲を占領するからに他ならないと思います。
動物達こそ人間に押しやられ、迷惑に思っているに違いありません。
 これらの問題を解決するには、動物たちが人間のいる地域まで出てこないように、山の手入れや、湿地の保護をし、共存共栄にすべきと考えます。
そうすれば、人間にも動物にも優しく、自然の復活にもなり、ひいては地球環境の復活・保護にもなると考えます。

投稿: あべともお | 2013年2月14日 (木) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣被害対策成果発表会:

« つるの剛士トークショー | トップページ | 太田地域県政懇談会 »