« ふれあい元気市 | トップページ | 森林環境税(仮称)公聴会 »

2012年12月 9日 (日)

11月議会 産経土木常任委員会

11月議会における常任委員会が開催され、12月6日(木)に県土整備部関係、7日(金)に産業経済部関係の審査が行われました。

衆議院選挙の関係で一般質問の最終日が4日から5日に変更になったこともあり、調査日を挟まずに委員会となったため、慌ただしい準備となりました。

わたしからは、

・県土整備部関係の補正予算11億円について、実施する事業の内容と効果、および事業個所の優先順位の付け方について、移動の円滑化に関する条例の県独自基準を定めることによる施工費用への影響、県立公園条例の改正について今後独自基準を上回る事態が発生した場合の対応、流域下水道事業特別会計補正予算の繰越明許費の内容と繰り越しの理由について

・産業技術専門校の自動車整備課1年課程を有料化することによる影響とそれに対する対応、新観光振興計画の前計画の施策ごとの評価、新計画で示されている目標の示し方、がん治療国際戦略特区について

などの質問をさせていただきました。

|

« ふれあい元気市 | トップページ | 森林環境税(仮称)公聴会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月議会 産経土木常任委員会:

« ふれあい元気市 | トップページ | 森林環境税(仮称)公聴会 »