« 明日から常任委員会です | トップページ | 県土整備部関係審査 »

2012年9月27日 (木)

産業経済部関係審査

産経土木常任委員会1日目の今日は、産業経済部関係の審査が行われました。産業経済部関係の主な付託議案は、中国向け販路拡大推進事業、緊急雇用創出基金事業で、このほか所管事項の説明として景況調査や新規産業団地造成候補地の選定、知事のトップセールスや新観光計画の策定についてなどについても報告がありました。

わたしの質問の概要は、以下の通りです。

Q1:中国向け販路拡大推進事業について、3000部のパンフレットを作成とあるが、1冊あたりのコストが高額である。どのようなものをつくるのか。最近の中国情勢を踏まえて、作成時期や配布先等の見直しは行わないのか。

A:緊急雇用創出基金を活用する中で、コストが高くなった。作成時期や配布先等については、県の上海事務所設置にあわせ、状況を見ながら進めたい。

Q2:武尊牧場スキー場について、利用者が相当減っている。震災や降雪の状況が原因とのことだが、それだけではないのではないか。今後のあり方を検討するべきではないか。

A:奥の方にあり、アクセスが良くないので、スノーボードなどに力を入れてやってきたが、最近ではスノーボードの競技人口も減っており、厳しい状況である。今後について検討したい。

Q3:労働相談について、労働局や県、労働組合などさまざまな相談先があるが、特色と連携状況はどうか。

A:県は幅広くさまざまな相談を受ける一次的な相談機関として役割を果たしている。連携についてはネットワーク会議を昨年度3回実施した。

(要望)さらに連携を強化してほしい。

Q4:被災地支援について、産業経済部主催のイベント等で、被災地の産品や企業の販売、PRなどは行われているか。

A:昨年1回、今年1回グルメイベントで福島県から出店してもらった。茨城、栃木などのPRも行った。

(要望)東日本大震災後1年半余が経過したが、被災地支援は息の長い取り組みが必要である。産経部のイベントは数も多いと思うので、被災地からの出展等が増えるよう取り組んでほしい。

|

« 明日から常任委員会です | トップページ | 県土整備部関係審査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業経済部関係審査:

« 明日から常任委員会です | トップページ | 県土整備部関係審査 »