« 大泉野菜工房を訪問しました | トップページ | 森林環境税特別委員会視察 »

2012年8月 3日 (金)

精神障害者援護寮「はばたき」

精神障害者援護寮「はばたき」を訪問しました。

Img_0288s

ここは、県が設置した精神障害者の方の訓練施設で、平成22年から指定管理者制度を導入し、社会福祉法人アルカディアが運営しています。

すぐ近くにある県立精神医療センターをはじめとする医療機関からの入所者が多く、原則2年間の訓練を経て、社会で自立した生活ができるようになることを目的としています。

Img_0289s

食堂には小さな炊飯器がたくさん並んでいましたが、入所者の方で自分でご飯を炊ける方は、訓練の一環として自分の分を専用のお釜で炊くそうです。一人では無理という方に関しては、何人かでグループを組み、スタッフも交えて相談しながら食事の支度などをするそうです。

Img_0287s

玄関には、作業訓練の一環として入所者の方が製作した木製パズルが飾ってありました。

援護寮のそばに別棟の小さな建物があり、ここで作業訓練を行っているということでした。

Img_0300s

この建物はかなり築年数が経っているようですが、施設的ではなく、普通の家庭のようなつくりになっているので、入所者の方々には評判は悪くないそうです。

Img_0297s

Img_0298s

Img_0293s

ボランティアの方たちが来てくださる曜日が決まっていて、入所者の方々はその日に作業をしたがる人が多いそうです。みんなでワイワイやりながら作業するのが楽しいのだろうとのことでした。

援護寮自体もかなり古い建物で、食堂も吹きぬけになっており、お伺いした日は猛暑日でしたので、少し暑い感じがしました。空調設備なども古く、効き方にムラがあったり、整備が大変だったりといった課題があるようです。節電にも努めているとのことでした。

精神障害者の方々の社会的入院が問題になっていますが、地域で暮らすための受け皿はまだまだ十分とは言えないようです。しょうがいのある方々も受け入れられる包容力のある地域をつくるには、どうしたらいいのか、考えさせられました。

|

« 大泉野菜工房を訪問しました | トップページ | 森林環境税特別委員会視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精神障害者援護寮「はばたき」:

« 大泉野菜工房を訪問しました | トップページ | 森林環境税特別委員会視察 »