« 太田市陶芸協会作品展 | トップページ | 古墳総合調査の調査員募集! »

2012年7月 3日 (火)

100%群馬の地酒 舞風

群馬県で開発したお米と酵母でつくった、100%群馬オリジナルの日本酒ができたと聞いて、買いに行ってきました。

Img_0282s_2

地元太田の蔵元、島岡酒造で出している「群馬泉 山廃純米酒 舞風」です。

このお酒は、群馬のオリジナルの地酒をつくりたいという県内の酒造メーカーから要望を受け、群馬県農業技術センターが開発した、お酒をつくるのに適した特別のお米の新品種「舞風」を100%使用してつくられたもので、発酵のために使用される酵母も群馬県産業技術センターが開発した「群馬KAZE酵母」というまさに100%群馬の地酒といえるお酒です。

この「舞風」を使用したお酒は、県内の15の蔵元でそれぞれつくっており、その中の一つが島岡酒造の「群馬泉 舞風」というわけです。

さて、このお酒を飲んだ方から、感想が届いていますのでご紹介しましょう

「飲みやすい」よいお酒でした。
ワインのように、口の中で転がすと、さらに良い香りが口中に満ちました。
爽やかな飲み口は、さながら口中で風が舞うかのよう。
酒米に「舞風」と命名したのもむべなるかな。

今日は冷やでいただきましたが、
燗冷ましにしても面白いかもしれませんね。
60%磨きということで、旨みの乗ったお酒でした。
合わせたお料理は、ササギ豆の牛肉巻き塩コショウ味や
茄子と獅子唐の油炒め塩麹味など。
ほかには、アスパラ菜のおひたしなど、各種季節の
野菜料理に合わせてみましたが、よく合いました。
今夜は残念ながら食卓にはのぼりませんでしたが、
「群馬泉 舞風」は、イカやハマチ、
マグロのお刺身など海の幸にも合いそうです。
でも、せっかくの群馬のお酒ですから、次は
群馬県産の食材と合わせて美味しくいただいてみることにします。

ということで、みなさんもきっと、もうすぐにでも試してみたい気分になられたことと思います。15の蔵元から一斉に発売されていますから、全部飲み比べてみるというのも、いいですよねただし、美味しいからといって、飲みすぎないよう十分お気を付けください

|

« 太田市陶芸協会作品展 | トップページ | 古墳総合調査の調査員募集! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100%群馬の地酒 舞風:

« 太田市陶芸協会作品展 | トップページ | 古墳総合調査の調査員募集! »