« 道の駅おおた オープン! | トップページ | 八瀬川桜まつり »

2012年4月 7日 (土)

小内誠 能面展

太田市学習文化センターで開催中の -時分の花 まことの花- 小内誠能面展 を見に行ってきました。

Dsc07787s

能面といえば、小面や般若といった女性の面がすぐ浮かんできますが、このほかにも「女面」といわれるものだけでも小面のほか8つの面が展示されており、男面や鬼神、般若を含む怨霊など、さまざまな面がありました。それぞれの面は微妙な表情の違いを持ち、人間の顔を写すおもしろさを感じました。

Dsc07792s

順路の最後のほうに、直面と題した展示もあり、そこには鏡が飾られていました。面をかぶらない素のままの役者の顔を直面と呼ぶそうで、鏡をのぞいて自分の顔をみるとその奥にこれまでみてきたさまざまな面が見えるようで、こわいような、不思議な気持ちになりました。

Dsc07796s

能面はそれだけを見ても芸術性がありますが、ところどころに飾られた能の舞台で使用されている例をみると、この面が使用されているところでは、固定された、変わらない面であるのにいかに表情豊かに人間の心を表現できるのかということに驚かされます。

展示は8日日曜日の午後5時まで行われているので、お時間があったら、ぜひ見に行ってみてください!

|

« 道の駅おおた オープン! | トップページ | 八瀬川桜まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小内誠 能面展:

« 道の駅おおた オープン! | トップページ | 八瀬川桜まつり »