« 常任委員会審査終了 | トップページ | 大規模地震対策特別委員会 »

2012年3月12日 (月)

東日本大震災から1年

昨年3月11日に発生した東日本大震災から、早いもので1年が過ぎてしまいました。地震発生時刻の午後2時46分には、城西小学校で開催されていた「まちの先生見本市」にお伺いしていましたが、会場に集まっていた皆さんとともに黙とうを捧げました。

わたし自身は、東北の被災3県と比べれば被害が少なかった群馬県にいたわけですが、当時を思い出すと本当に恐ろしい揺れで、忘れることのできない記憶が鮮明によみがえってきます。

発災直後は身近な人たちの安否が心配で、とにかく無事を確かめなければと右往左往していましたが、そんな中で亡くなった多くの人たちがいたことを思うと、災害が起きた時、少しでも被害を少なくできるよう、自分自身できるかぎり備えていたと言えるのかどうか、もっとできたことがあったのじゃないかと歯がゆい思いに駆られます。

震災や津波を免れても、原発事故でふるさとに帰れない人たちや、避難所生活の中でさまざまな原因で命を落としたり、心身の健康状態が悪化して苦しんでいる人たちがまだまだたくさんいることに、つねに思いをいたしながら、自分の責任を果たせるよう努力を続けたいと思います。

|

« 常任委員会審査終了 | トップページ | 大規模地震対策特別委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から1年:

« 常任委員会審査終了 | トップページ | 大規模地震対策特別委員会 »