« 太田養護学校 すだち祭 | トップページ | 避難所HUG体験講座 »

2012年1月26日 (木)

はんな・さわらび療育園訪問

高崎市榛名山町にある重症心身障害児(者)施設「はんな・さわらび療育園」を会派「爽風」で訪問しました。

昭和40年に開設準備が始まり、昭和43年6月からスタートしたというこの「はんな・さわらび療育園」は、県内ではもっとも早くに設置された重症心身障害児(者)施設で、全国的にもかなり早い段階に始まった施設といえます。

市街地からは離れていますが、自然豊かな環境にあります。ただ、冬降雪があり、雪が降ると通うのが大変になってしまうということでした。

重度の知的障害および重度の肢体不自由が重複している方たちを対象に、保護、治療、および日常生活の指導を行うことを目的とした施設ということで、100名を超える利用者の方がいます。開設当初からの利用者の方も多く、現在では利用者の多くは成人となっており、高齢化の問題にも直面しつつあるとのことでした。

ハンディのある方たちをとりまく制度的な環境は、ここ数年変化を繰り返しており、ここ「はんな・さわらび療育園」でもその対応に非常に苦労しているということですが、県としても入所している方々への補助を行っており、そういったことが運営の面でも非常に役立っているそうです。

心身に重いハンディを抱えた方たちの人生をどのように支えていくべきなのか、改めて考える貴重な機会となりました。お忙しい中、ご対応いただいた園長先生を始めスタッフの皆さん、利用者のみなさん、本当にありがとうございました。

|

« 太田養護学校 すだち祭 | トップページ | 避難所HUG体験講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はんな・さわらび療育園訪問:

« 太田養護学校 すだち祭 | トップページ | 避難所HUG体験講座 »