« 太田スマートIC事業構想説明会 | トップページ | 東日本大震災復興支援募金 »

2011年8月25日 (木)

伊勢崎警察署調査

閉会中の月一度の常任委員会が開催され、今年3月に新しい警察署に引っ越したばかりの伊勢崎警察署を調査に伺いました。

Dsc07429s_2

伊勢崎警察署の旧庁舎は昭和44年に建築されたということで、当時124名だった警察署の署員も今は289名と倍以上になり、手狭になったため、平成21年度から平成22年度にかけて、本体工事が行われました。

総工費はおよそ35億円ということで、庁舎の建物総面積は旧庁舎の3.4倍となり、射撃場や被害者支援室、太陽光発電装置などの新しい設備が設けられています。

Dsc07422s

先日訪問した渋川警察署とまったく違って、近代的で広々とした署となっており、3月7日に引っ越した直後に起きた東日本大震災においても、一切被害がなく、スムーズな対応ができたとのことでした。

渋川警察署の雰囲気も、昔の刑事ドラマのセットに使えそうな味のある雰囲気ですが、やはり勤務環境としては伊勢崎署のほうがいろんな面でやりやすいのでしょう。伊勢崎・玉村地域を管轄する新伊勢崎署には、35億円にふさわしいと市民に思ってもらえるよう、ますます頑張ってほしいと期待しています。

|

« 太田スマートIC事業構想説明会 | トップページ | 東日本大震災復興支援募金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢崎警察署調査:

« 太田スマートIC事業構想説明会 | トップページ | 東日本大震災復興支援募金 »