« こどもの国の蛍鑑賞会 | トップページ | ぐんまデスティネーションキャンペーン始まりました! »

2011年6月29日 (水)

大学等と企業との情報交換会

群馬県若者就職支援センターと群馬中小企業家同友会の共催による大学等と企業との情報交換会が開催され、参加しました。

110627_154556s

会場には、大学や短大、専門学校などの就職担当者の方、そして県内の中小企業の人事担当者の方々などが80人以上あつまり、学校側、企業側それぞれの事例報告の後グループに分かれ、情報交換を行いました。

各グループは10人以内の少人数で、学校と企業がバランスよく配置されており、学生の就職活動の現状や、企業側の要望などが率直に提起されていました。

学校側からは、今年は特に女子学生の就職が厳しいという話もあり、企業に積極的に採用してほしいという要望も出ました。また、企業側からはとにかくなぜこの企業を選んだのか、この会社に入りたいという情熱をもった学生に来てほしいという指摘があり、実際に就職の面接を受けに来る学生の中にはその部分がはっきりしない人も多いという意見もありました。

また、卒業後三年以内の学生を新卒として採用するという動きに関しては、学生が自分自身でやりたいことを見つけるために効果があるという意見がありましたが、実際に企業が採用してくれないと形だけに終わってしまうという危惧もあるとのことでした。

限られた時間でしたが、就職活動の最前線の状況を聞くことができて、参考になりました。

|

« こどもの国の蛍鑑賞会 | トップページ | ぐんまデスティネーションキャンペーン始まりました! »

コメント

目的がはっきりしないのは、今の時代、選択肢があまりにも少ないからでは無いでしょうか。本当は、こんな事がしたかったのに…でも、この今の状況ではそんな贅沢は言えないから…だからといって、上手く会社にお上手は言えない…子供達は子供達で、きっと苦しいのだと思います。企業側にとっては、意気込みとして欲しい部分かとも思いますが、その双方のギャップを縮めるのには、まだまだ時間が掛かるように感じました。もっともっと、受け入れ先、選択肢が広がり、新な社会人が自分の翼を広げられるような、そんな世の中になって欲しいです。早く、日本が元気になってくれる事を願ってます。

投稿: 涼子 | 2011年6月30日 (木) 13時51分

いつも積極的な活動、頼もしく拝見 しております。
今後のことに関して、お願いがあります。
ブログの中で、ご自身はどう考え、どう行動していきたいか、簡単に書いていただけないでしょうか?
お立場上制約はあると思いますが、「参考になりました」だけじゃ、消化不良になっちゃいますので。。 

投稿: ラン坊君 | 2011年7月 3日 (日) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学等と企業との情報交換会:

« こどもの国の蛍鑑賞会 | トップページ | ぐんまデスティネーションキャンペーン始まりました! »