« 地震発生から5日 | トップページ | 震災対応の全員協議会開催 »

2011年3月21日 (月)

選挙用事務所がようやく決まりました。

地震発生から10日、被災した事務所を片付け、急遽準備した新しい選挙用事務所がようやくオープンできました。
金山の大光院と富士重工の北工場の間の道を登って行って松風峠を越えて少し行った左側です。昔金山アスレチックがあったところで、喫茶店「と~く」と看板が出ています。

まだ中の整理は終わってなく、電話も開通は26日になってしまうということで、お客様をお迎えする準備は十分整っていませんが、事務所は午前10時頃から午後5時頃まで開いていて、事務作業などを行っています。少しでもお時間がありましたら手伝って頂ければ助かります。

地域では瓦や塀の被害のほか、子どもさんが熱を出したり透析を受ける必要があるなど、事情を抱えた方からのガソリンがなくて病院に行けないという切実な訴えが聞かれました。
また、停電中病院などでは発電機を回して発電していますが、その燃料の供給に不安の声もありました。
県でも燃料確保の要請はいち早く行っており、連休明けくらいからは少しずつ状況が改善される見込みとのことです。
また、屋根以外の住宅の被害について聞かれることも多いですが、太田市では新年度から住宅のリフォームに助成する制度を予定しており、屋根以外はそちらで対応するそうです。
屋根の修理などで補助対象にならない場合は、見舞い金の制度もあるということです。

製造業やその他の産業では停電の影響が深刻で、こちらは今後支援体制を考えていく必要がありそうです。そして、親戚や友人、知人が被害の甚大なところにいるという話もたくさん伺いました。
身近な人はみな無事だったという人も含めて、誰もが被災地を心配し、自分にできることはないかと探しているようでした。県では被災地へ救急消防援助隊や群馬DMATなどの支援隊を派遣したほか、避難者の受け入れも行っています。

まだまだこれからもわたしたちがやれることはたくさんあるはずだと思います。大変な状況ですが、このような時こそ市民のみなさんの声を聞き、気持ちを伝える役割をしっかりと果たさなければと思っています。

|

« 地震発生から5日 | トップページ | 震災対応の全員協議会開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙用事務所がようやく決まりました。:

« 地震発生から5日 | トップページ | 震災対応の全員協議会開催 »