« 金山清掃・手づくり呑龍さま祭り | トップページ | 香川県鳥獣保護管理事業 »

2010年9月 7日 (火)

環境農林常任委員会 県外調査初日

環境農林常任委員会の県外調査で香川県に来ました。初日の調査先は全国屈指の規模を誇る溜め池満濃池用水です。

Dsc06346s

満濃池は貯水量1540万トン、創築は西暦700年代初頭にさかのぼり、後に堤防が決壊したため、空海(弘法大師)が大規模改修を行ったと伝えられるそうです。その後も決壊、再築を繰り返し、現在はおよそ3000ヘクタールの受益地をかんがいしています。

日本の音風景百選、溜め池百選などにも選ばれた龍がすむと伝えられる豊かな水を湛えたその姿は、人が作り出したとは思えない雄大な眺めです。

Dsc06350s

残念ながら水を受ける農地の面積は年々減っており、かつては4600ヘクタールだったということですから、今は2/3以下になってしまっているわけで、下流の水路の改修費用の捻出なども厳しい状況とのことでした。

このあたりは群馬とも共通の課題として対策を考えていく必要性を感じました。

|

« 金山清掃・手づくり呑龍さま祭り | トップページ | 香川県鳥獣保護管理事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境農林常任委員会 県外調査初日:

« 金山清掃・手づくり呑龍さま祭り | トップページ | 香川県鳥獣保護管理事業 »