« 農商工等連携マッチングフェアINぐんま | トップページ | クラッセ七夕まつり »

2010年7月 4日 (日)

がんに強い群馬をつくろう

群馬大学医学部付属病院主催、群馬県がん診療連携拠点病院連絡協議会・群馬県がん患者団体連絡協議会共催の市民講座「がんに強いぐんまをつくろう」に参加しました。

Dsc06002s

講座では、群大医学部の腫瘍センター長塚本さんと産婦人科准教授中村さんによる「がん検診を受けよう」「子宮頸がんと頸がんワクチンについて」患者さんたちからのメッセージ紹介のあと、日本医療政策機構理事でがん政策情報センター長の埴岡健一さんの特別講演があり、その後講師も含めての交流茶話会が行われました。

Dsc06006s

埴岡さんの講演では群馬県のがんの現状についてのデータやそれをどうとらえるのか、現状をもとに現在進行中の条例制定に向けてどのような行動が考えられるか、各地の好事例にはどのようなものがあるかなど、コンパクトでわかりやすく、かつ盛りだくさんの内容で勉強になりました。

講演後の質疑応答も、予定の時間をオーバーするほどで、引き続きの茶話会にも多くの人が参加し、最後までたくさんの意見を聞くことのできた有意義な会でした。

Dsc06010s

12月を目標として進められている群馬県のがん対策推進条例の策定に当たっては、今日のように患者さん、ご家族、医療関係者や企業、マスコミ、行政・議会など多くの関係者が意見交換をしつつ進めることが肝心だと思っています。

今回お聞きした様々な意見や情報も、今後の審議に生かしていきたいと思います。ぜひみなさんも、ご意見などありましたら積極的にお寄せください!お待ちしています

|

« 農商工等連携マッチングフェアINぐんま | トップページ | クラッセ七夕まつり »

コメント

議員の行動力と熱心さに敬服しています。
この日「傍聴」することの意義が話題になっていましたが、先にあった「がん対策推進特別委員会」で初めて「傍聴」というものを体験して、いろいろと勉強になりましたので、今後、がん関連の公の会議はなるべく傍聴してみたいと思っています。そのような機会がありましたら、お手数でも、教えていただけると幸いです。

投稿: sanpodori | 2010年7月 6日 (火) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんに強い群馬をつくろう:

« 農商工等連携マッチングフェアINぐんま | トップページ | クラッセ七夕まつり »