« 連合群馬議員懇学習会 | トップページ | 龍舞朝市 »

2010年7月30日 (金)

がん対策推進特別委員会県内調査

がん対策推進特別委員会の第1回の県内調査が行われ、参加しました。調査先は群馬大学医学部附属病院、群馬県がん患者団体連絡協議会、県立がんセンターの3か所です。

Dsc06170s

群馬大学医学部付属病院とがんセンターでは、それぞれの病院におけるがん医療への取り組みや、医療サービスを提供する側からの条例に対する要望などを、またがん患者団体連絡協議会の会員団体の皆さんからのご意見を群馬県健康づくり財団とがんセンターで伺いました。

Dsc06177s

医療提供側からの強い要望は、がん登録の推進を県が責任を持って進めるということを示してほしいという点であり、患者団体のみなさんからは患者団体の運営や人材育成、研修や広報などにかかわる支援が必要であるという切実な声が聞かれました。

どちらの側においても一致した意見としては、条例をつくっても絵に描いた餅となってしまうのでは意味がない、実効性のある条例を作ってほしいという点で、これに関しては委員の間でもほぼ同様で、意見は一致しているようです。

Dsc06182s

まだまだここに書ききれない様々なご意見、ご指摘もいただき、あっというまの1日でしたが、今日いただいたご意見をしっかりと受け止めて、条例づくりに活かしていきたいと強く感じています。

|

« 連合群馬議員懇学習会 | トップページ | 龍舞朝市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がん対策推進特別委員会県内調査:

« 連合群馬議員懇学習会 | トップページ | 龍舞朝市 »