« ぐんま女性議員政策会議総会 | トップページ | 農商工等連携マッチングフェアINぐんま »

2010年6月29日 (火)

子宮頸がんの現状と予防策

高崎新保町のパリッシュ出版で行われたセミナー「子宮頸がんの現状と予防策」に参加しました。講師は佐藤病院佐藤雄一副院長です。

子宮頸ガンはワクチンで予防できるガンとして、関心が高まっており、群馬県内でも榛東村や上野村、神流町で接種経費の全額公費負担が決まっています。また前橋市でも、この10月から公費負担を開始するとの発表がありました。

ワクチンにより免疫ができるのは二つのウイルスタイプのみですが、接種した場合七割以上発症を防げるそうです。発生の因果関係や予防策がはっきりしているため、諸外国では全額公費負担で10才から12才くらいの女の子に接種しているところも多いそうです。

都道府県単位でも、東京都では4月から助成制度を開始、山梨県でも助成を行うことが発表されているとのことで、今日の講演を聞き、群馬でも早くワクチン接種の公費負担が全県で行われるようさらに取り組んで行かなければと改めて感じました。

|

« ぐんま女性議員政策会議総会 | トップページ | 農商工等連携マッチングフェアINぐんま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸がんの現状と予防策:

» 子宮頸がんの現状と予防策セミナーに参加しました [蓮たかみちの日々是好日]
蓮たかみちです。 まずは昨晩のサッカーワールドカップのお話から[E:happy0 [続きを読む]

受信: 2010年6月30日 (水) 10時55分

« ぐんま女性議員政策会議総会 | トップページ | 農商工等連携マッチングフェアINぐんま »