« 重粒子線治療費の利子補給制度 | トップページ | 天候不順に対する相談窓口が設置されました »

2010年4月26日 (月)

牧場の若者

太田市では畜産業もさかんで、市内にはあちこち牧場があります。たまたま訪問した牧場の事務所で、若い、高崎から通って仕事をしているという方にお会いしました。

広い牧場の牛舎にはたくさんの牛がいて、その世話をするのは、想像するだけでも大変だろうと思われますが、その方があんまり明るい表情をしていたのでつい、

「お仕事は楽しいですか?」

と聞いたところ、にこっと笑って

「好きなことをやっているので」

と答えてくれました。

仕事の大変さだけでなく、畜産業を取り巻く環境の厳しさを思うと、決して楽しいばかりではないと思いますが、それでも、その仕事を好きだからと選んで、苦労をものともせず遠く高崎から通って働いている若い人がいるということに、本当に希望を感じました。

この人たちがいつまでもこの笑顔を絶やさずに仕事をしていける畜産業、農業の環境を整えるために、わたしもしっかりと働かなければと改めて決意させられた出来事でした。

|

« 重粒子線治療費の利子補給制度 | トップページ | 天候不順に対する相談窓口が設置されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧場の若者:

« 重粒子線治療費の利子補給制度 | トップページ | 天候不順に対する相談窓口が設置されました »