« 花冷えの一日でした。 | トップページ | 群馬県立太田産業技術専門校入校式 »

2010年4月 8日 (木)

大同特殊鋼渋川工場見学

連合群馬議員懇談会の視察学習会で大同特殊鋼株式会社渋川工場へ行ってきました。

Dsc05546s

大同特殊鋼渋川工場は、ジェット機のエンジンシャフトや船舶用バルブ、ガスタービンのコンプレッサーディスクなど高い品質が要求される高級鋼や超合金を生産しています。

一昨年来のリーマンショックの影響で昨年の生産量は激減してしまったということで、景気の回復傾向が伝えられる最近でもまだ生産量は以前に比べると少ないそうですが、品質への高い信頼性を維持し、世界のトップメーカーからさまざまな製品を受注しています。

また、住宅地の中にある工場として周辺地域との共生や環境との調和についても積極的に取り組んでいるとのことでした。

太田市にある王子製鉄と同じ電気炉メーカーですが、製品が違うため、工場の様子も異なっており、勉強になりました。大勢でお邪魔したにもかかわらず丁寧にご説明していただいた大同特殊鋼の皆さん、ありがとうございました

|

« 花冷えの一日でした。 | トップページ | 群馬県立太田産業技術専門校入校式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大同特殊鋼渋川工場見学:

« 花冷えの一日でした。 | トップページ | 群馬県立太田産業技術専門校入校式 »