« 思い出の「レコードジャケット展」 | トップページ | 群馬県産こんにゃく試食会 »

2010年3月16日 (火)

安全・安心なくらし特別委員会

安全・安心なくらし特別委員会が開催され、以下の質問を行いました。

1.がん対策基本条例の制定について

2.重粒子線治療費用の利子補給制度について

3.病児・病後児保育について

4.DV被害者支援について

5.児童虐待防止について

1についてはがん対策基本条例の効果として、条例がなくても計画に基づいて着実にがん対策を進めるけれど、条例があれば対策の実行に追い風になるということでした。

2については、重粒子線治療の費用負担軽減のため、利子補給制度以外に県民に対する医療費減免制度などいろいろ検討したが、予算の問題から利子補給制度になったこと、市町村民税非課税の方向けの利子補給は家族が借り入れをする場合も利用できるようにするなど、利用しやすい方法を検討しているとのことでした。

3についてはファミリーサポートセンターで病児・病後児保育を受けられるところが現在1か所、来年度もう1か所できることを期待しているとのことでしたが、県内全域をカバーするために県として一層の努力をお願いしました。

4については、新年度予算でDV被害者の子どもさんに対する緊急託児や避難施設に録画機能付きドアホンを設置する費用などが計上されているということでしたが、総額50万円ほどで、予算がない中で対策をさらに充実していくために、他部局との連携や市町村担当者との連携を一層強め、運用面での充実を含め、支援を行ってほしいと要望しました。

5については、虐待が疑われる家庭に接触する際、保護者の感情を刺激して虐待がより深刻化したり潜在化したりすることのないよう、子どもの安全確保を第一に考え、保護者や家庭に直接連絡を取る場合は慎重に行うことや、関係機関との連携をより深めて周囲の状況などから虐待の有無を探るなどに努めてほしいとお願いしました。

これでわたしの所属する委員会の審議はすべて終了し、あとは本会議での採決となります。他の委員会の審査結果なども見ながら、慎重に決めたいと思います。

|

« 思い出の「レコードジャケット展」 | トップページ | 群馬県産こんにゃく試食会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全・安心なくらし特別委員会:

« 思い出の「レコードジャケット展」 | トップページ | 群馬県産こんにゃく試食会 »