« 東京電力自然学校&信濃川電力所の調査に行ってきました | トップページ | 冬支度の朝宣 »

2009年11月14日 (土)

第9回 都道府県議会議員研究交流大会

東京都の都市センターホテルで開催された第9回都道府県議会議員研究交流大会に群馬県議会からの派遣で参加しました。

Dsc04733s

基調講演では、東京大学名誉教授の大森彌さんが「さらなる改革を求められる広域自治体議会」と題して自治体議会の役割と重みについてかなり率直なご意見を含むお話をされました。

昨年も参加したのですが、昨年の基調講演の片山元鳥取県知事のお話もかなり突っ込んだ内容で、それだけ昨今の地方議会に対する評価が厳しく、役割を果たすことに対する期待が重くなっているのだろうと思います。

国政において政権交代があり、さまざまな点でこれまで考えられなかったような変革が行われていることも、地方議会の改革への期待が高まる要因の一つだと思います。

基調講演の後はおよそ600人の全国の都道府県議会議員が5つの分科会に分かれ、それぞれのテーマで論議を深めました。わたしは第2分科会の、議会と財政統制というところに参加しました。

Dsc04738s

先日のローカルマニフェスト推進議員連盟でもお話を伺った江藤俊昭山梨学院大学教授がコーディネーターで、地方財政の運営状況に対する議会のチェック機能の在り方と具体的手法について議論が行われました。

基調講演でも分科会でも、多くの議員から積極的に質問が出され、活発なやりとりが行われ、他の議会の状況や議員の考え方を聞くことができ、とても興味深かったです。

現在連日行われている事業仕分けについてもさまざまな意見が出され、いろいろ考えさせられました。

|

« 東京電力自然学校&信濃川電力所の調査に行ってきました | トップページ | 冬支度の朝宣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 都道府県議会議員研究交流大会:

« 東京電力自然学校&信濃川電力所の調査に行ってきました | トップページ | 冬支度の朝宣 »