« 下関中等教育学校 | トップページ | 足利市事業仕分けの傍聴 »

2009年10月22日 (木)

福岡県警察本部

福岡県は人口500万余、北九州と福岡の二つの政令市を抱える大きな県です。県警本部は福岡市にあり、県北の北九州市までおよそ1時間かかるという地理的な事情と全県の犯罪認知件数のおよそ二割が発生するということから、北九州市警察部に機動警察隊を設置し、横断的に事件等への対応に当たっています。

視察最終日の今日は、その北九州市機動警察隊や福岡県の暴力団対策などについて福岡県警察からお話を伺いました。
福岡県には5つの指定暴力団があり、構成員や準構成員も多いことから、その対策も重要な課題の一つであり、今月の13日に全会一致で暴力団排除のための条例を制定したそうです。その内容としては暴力団に対しみかじめ料などを支払うことを禁止し、違反した企業等を公表するなどして資金源を絶つほか、教育委員会などとも連携して暴力団に入るものを減らす取り組みなどが想定されています。
北九州市の機動警察隊の取り組みの背景にはこのような事情もあるということでした。
群馬県でも暴力団排除や部局横断的な組織体制は検討課題だと思います。福岡県警察との共通点や相違点を踏まえながら参考にすべきところを汲み取っていきたいと思います。

|

« 下関中等教育学校 | トップページ | 足利市事業仕分けの傍聴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡県警察本部:

« 下関中等教育学校 | トップページ | 足利市事業仕分けの傍聴 »