« 連合群馬議員懇談会学習会 | トップページ | 思いやり駐車場制度が始まりました! »

2009年8月 1日 (土)

総合太田病院&足利赤十字病院調査

厚生文化常任委員会の県内調査で、総合太田病院足利赤十字病院の調査があり、同行させていただきました。

Dsc04031s

総合太田病院が地域医療に果たす役割の重要性については、このブログでも、議会でもたびたび取り上げていますが、今回厚生文化常任委員会の調査先として選定していただいたことは、議会としても関心が高いことの表れと考えています。

総合太田病院では、産科、小児科とも徐々に医師数の確保ができつつあり、平成24年の病院移転に向けてさらに診療体制を充実させていけるよう努力を続けているとのことでした。

Dsc04032s

また、平成23年に足利競馬場跡地への移転が決まっている足利赤十字病院では、新病院の概要についてうかがいました。足利競馬場跡地はわたしの地元毛里田地区から本当に眼と鼻の先で、現在でも多くの群馬県民が足利赤十字病院にお世話になっていますが、今後さらに利便性が高まり、利用が増えることが予測されます。

新病院は、555床すべてが個室ということが一つの特色だそうです。また現在は設置されていないNICU(小児集中治療室)も整備する予定とのことでした。すべてが個室だと入院の費用が高くなるのでは、という質問が出ましたが、差額を徴収する個室は全体の4割程度にすることを考えており、少なくとも半分以上は差額のつかない個室になるということでした。

移転に対して反対の声はなかったのか、どうクリアしたのかなどの質問も出ましたが、すでに建ぺい率が規定を大幅に超えており、現地建て替えはムリなのが明らかなことと、病院の機能の充実のために譲れない部分はしっかり示して話し合ったとのことでした。

いうまでもなく、足利赤十字病院はお隣の栃木県にあり、県境域における医療連携がスムーズにいくことが、地域の医療資源を効率的に利用することにつながります。群馬県側から足利赤十字病院へのバス等公共アクセス整備などを含め、今後さらなる連携を模索していきたいという意欲が病院側からも委員側からも示され、有意義な調査となったと感じました。

|

« 連合群馬議員懇談会学習会 | トップページ | 思いやり駐車場制度が始まりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総合太田病院&足利赤十字病院調査:

« 連合群馬議員懇談会学習会 | トップページ | 思いやり駐車場制度が始まりました! »