« エコハウス設計手法に関する勉強会 | トップページ | お祭り三昧 »

2009年7月26日 (日)

連合群馬政策フォーラム

連合群馬では、毎年1万人を超える県民に対するアンケートを行い、これをもとに政策・制度要求を行っています。
昨日は、昨年度の要求に対する取り組みの報告、今年度の意識調査の結果と分析、そして今年度の要求の素案を提案する政策フォーラムが開かれ、参加しました。

昨年度の要求の中で、前進がみられるとして評価が◎となったのは、2点。後期高齢者医療制度の高齢者への支援体制と、医療費補助による子育て支援の充実です。一方、必要性は認識するけれど前進が図れないとして△評価となったのは3点。シニア就職支援センターの検証と地域ニーズの把握、企業誘致による新たな雇用創出と補助金制度の導入、循環型社会づくりの推進となっています。

新年度の要求は、雇用・労働や行政運営、福祉・社会保障、教育など7つの区分で25項目が素案として提示されました。

この県民意識調査には、わたしも協力させていただきましたが、集まった内容をまとめ、提言へとつなげていく作業には多くの苦労があったことと思います。わたしもこれらの内容を参考にしつつ、県政の課題に取り組んでいきたいと思います。

|

« エコハウス設計手法に関する勉強会 | トップページ | お祭り三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連合群馬政策フォーラム:

« エコハウス設計手法に関する勉強会 | トップページ | お祭り三昧 »