« 「オバマ米国大統領の就任演説を解説する」プラトンフォーラム | トップページ | 手をつなぐ親の会新春コンサート »

2009年1月25日 (日)

太田市1%まちづくり事業成果発表会

宝泉行政センターの多目的ホールで行われた、太田市1%まちづくり事業成果発表会を見に行ってきました。成果発表会では、グラウンドゴルフ場の改良やひまわりと野菜作りの体験事業、木崎音頭まつりなど、平成20年度に採択された130件の事業のうち、5件の概要とその成果や課題などが報告されました。

Dsc03023s

130件の事業に対する補助金額は総額でおよそ5000万円。1%とは市税の1%を意味しており、当初市税の1%程度として、約3億円の事業費を見込んでいたことから考えると金額としては約1/6と少ないですが、市民のアイデアを生かした自由な発想のまちづくりのためにこれだけの金額を支出することは、昨今の財政事情を考えるとなかなか難しいことでもあり、一定の評価ができると考えています。

当初、審査が厳しくてなかなか採択されない、使い勝手が悪いなどの評判もありましたが、3年目となり、事業数もそれなりに増えて市民も行政もこの事業をどのように生かしていったらいいのか、お互いの理解が進んでいるようです。

130件の事業の中には、わたしが実際に参加させていただいて様子を知っているものもあり、市からの補助金額以上に、事業を実施する側の労力の提供が、事業効果を高めていることも実感しています。

この日の成果発表会では、初年度の平成18年度に落ち葉の集積所をつくったところが、2年目には落ち葉でつくった堆肥で花いっぱい運動を展開、3年目の今年はさらに休耕地を活用したひまわり畑やサツマイモづくりへとどんどん発展していった事例なども紹介され、地域の人たちの活動の広がりに事業費が大いに活用されている様子がよくわかりました。

採択された事業の実施を通じて市民の活動がますます広がっていくよう、全体の進め方に改善を加えながら1%事業をさらに充実させていってもらいたいと考えています。

|

« 「オバマ米国大統領の就任演説を解説する」プラトンフォーラム | トップページ | 手をつなぐ親の会新春コンサート »

コメント

あべさんはじめまして。1%で発表させて頂いた者です。当日はとても緊張しました。人の前で話すのはいつも難しいですね・・・。1%まちづくり事業!利用させて頂いて2年目となりますが、いつもとても有意義に感じています。この事業の良いところは、若い世代でも自分達の創意工夫と実行力で地域に恩返しができることだと思います。なんでも、他人(行政や国)の責任にしたがる世の風潮が益々強くなる時代ですが、国や行政文句ばかり言っているのでは駄目だ、大切な事は、自分達が何ができるかだと思います。これからの地域のコミュニティーのあり方のまさに模範となるこの事業だと思います。事業完了後の達成感と充実感は何とも言えないものですよ!

投稿: hasumin | 2009年3月15日 (日) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田市1%まちづくり事業成果発表会:

« 「オバマ米国大統領の就任演説を解説する」プラトンフォーラム | トップページ | 手をつなぐ親の会新春コンサート »