« 太田市 イルミネーション 点灯式 | トップページ | 茂木英子議員一般質問 »

2008年12月 7日 (日)

ホウレンソウ・キャベツ・ブロッコリーの収穫

群馬県で実施している「ぐんま農業実践学校」(就農準備校)定年帰農者課程地域校として、露地野菜の初歩的な栽培管理技術の実習を行っていた畑で、今年度最後の講習として行われたホウレンソウ・キャベツ・ブロッコリーの収穫に参加させていただきました。

_mg_6188

この日は寒さが厳しく、地面の水たまりには氷が張っていて、ホウレンソウにも霜が降りています。

この霜が、ホウレンソウの甘みを増すのだそうで、収穫は日が当って霜が解けているところから行うことになりました。

_mg_6187_2

実習生のみなさんは、太田市内だけでなく、館林や千代田など結構遠くからいらしている方もいて、まったく農業を経験していないわけではなく、今自分はサラリーマンだけれど親が農家をしているので、定年後は手伝いたいなどの理由で受講されている方もいました。

ホウレンソウは、普通のものとチヂミホウレンソウの二種類が植えてあり、どちらも新鮮で葉っぱがピンと張っています。市場に出荷する際に束ねようとすると茎が折れてしまうため、少し工夫がいるのだそうです。

_mg_6198

この定年帰農者課程は人気が高いそうで、参加者の方の一人は、昨年も申し込んだけれど、昨年は抽選に漏れてしまったとのことでした。

_mg_6215

遊休農地の拡大が気になる昨今、このような取り組みはますます重要になってくると思います。何回かの講習を経て見事な成果を上げられた皆さんが、今後農地の有効利用に寄与してくださることを心から期待しています。

|

« 太田市 イルミネーション 点灯式 | トップページ | 茂木英子議員一般質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホウレンソウ・キャベツ・ブロッコリーの収穫:

« 太田市 イルミネーション 点灯式 | トップページ | 茂木英子議員一般質問 »