« 前橋赤十字病院建て替えに関する全員協議会 | トップページ | 「年末・年始特別警戒」視察激励 »

2008年12月20日 (土)

12月議会閉会

12月2日に始まった、平成20年12月議会が今日閉会となりました。会期中に金子一郎議員がご逝去されたり、県有土地の特別委員会が継続となったり、前橋赤十字病院の建て替え問題や八ッ場ダムに関する決議案が出たりと振り返ってみるといろいろな出来事がありました。

緊急経済対策や前橋の県議補選に伴う補正予算など、予算関係、事件議案などには賛成させていただき、八ッ場ダム建設促進の決議案など三つの決議案に反対しました。

八ッ場ダムに関しては、現地の方たちの中に、早く進めてほしいという声もあることは事実ですが、国全体からの多額の税金を投入して作るものである以上、そこに住んでいない人であってもすべての有権者が当事者だといえると思います。

決議案では、現在の財政状況や将来の人口、水需要などの見通しをもとに再検討を求める声を「無責任なダム不要論」と断じ、それに基づく調査活動などを「無責任な言動」と批判しており、県議会の意見書としてあまりにも公平性を欠く一方的な表現だと感じました。

反対させていただいた他の決議案もそうですが、県議会にはさまざまな会派があり、さまざまな考え方があります。それは県民の意見や考え方が多様であることを反映するもので、ある一つの考え方だけが議会からのメッセージとして発信されることは、県民の様々な意見を無視することにつながりかねないと感じています。

議会は多数決で物事が決まりますから、多数を占める会派の意見が最終的に通るのは当たり前ですが、多くの意見があった上で、結論として多数が通ったということでなければ、議会で議論を交わす意味そのものがなくなってしまうのではないでしょうか。

議会の多数派の方たちには、少数派の意見をも県民の意見の一つとして聞いていただく度量を持っていただきたいと願っています。

いよいよ年の瀬も押し詰まり、あわただしい毎日ですが、今年も最後まで気を引き締めて活動していきたいと思います。

寒い日が続きますので、みなさまも風邪には十分ご注意ください!

|

« 前橋赤十字病院建て替えに関する全員協議会 | トップページ | 「年末・年始特別警戒」視察激励 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会閉会:

« 前橋赤十字病院建て替えに関する全員協議会 | トップページ | 「年末・年始特別警戒」視察激励 »