« お盆前ですが | トップページ | 第30回尾島ねぷたまつり »

2008年8月13日 (水)

土屋文明記念文学館

県立土屋文明記念文学館に行ってきました。

土屋文明は群馬出身の歌人で、明治から大正、昭和を生き抜き平成2年に百歳で天寿を全うしました。芥川龍之介らとも親交があり、昭和5年には斎藤茂吉に代わり「アララギ」編集発行人となって活躍したそうです。

文学館では常設展として文明の足跡を紹介し、さらに9月7日までは企画展として榛名、伊香保を訪れた文化人を紹介する「榛名・伊香保文学紀行」を実施しています。徳富蘆花、竹久夢二、萩原朔太郎、与謝野晶子や若山牧水など、この地には多くの著名な文人が集い、様々な作品を送り出しています。
常設展では文明の書斎の復元展示もありました。

閑静なたたずまいの文学館は、落ち着いた魅力がありましたが、わたしたち以外には来館者がなかったのが、もったいない気がしました。

|

« お盆前ですが | トップページ | 第30回尾島ねぷたまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土屋文明記念文学館:

« お盆前ですが | トップページ | 第30回尾島ねぷたまつり »