« 安全安心委員会県内調査 | トップページ | 今年もおおた夏まつりに行ってきました! »

2008年7月18日 (金)

新井町見聞記

太田市内の新井町に生まれ育ち、現在農業をしながら学童保育の指導員などもしてくれている星野雅範くんが地域の人たちから聞いた話を中心に「ありがとう新井町見聞記~100年後のふるさとへのおくりもの~」という本をまとめました。

Dsc01815

この本の制作は以前から星野くんが念願としていたもので、その構想をわたしも何度か聞かせてもらったことがあります。ようやくその本が出来上がったということは、本当に素晴らしいことで、さっそく読ませていただきました。

Dsc01818

A4判、230ページにわたる膨大な記述は、著者の未来のひ孫「碧次郎」にあてて書かれたという形式をとっています。しかし、現実には本には直接登場しないこの「碧次郎」こそが、血のつながりのあるなしにかかわらず多くの祖父母から新井町の記憶を聞きとっていった著者自身の姿なのではないかという気がしました。

Dsc01817

一ページ一ページ、一行一行、一文字一文字ににじみ出る著者の「新井町」というふるさとへの想いが、そこに住んでいない者にとってさえ懐かしさを感じさせる、まさに「おくりもの」というにふさわしい本だと思います。時の流れとともに記憶のかなたに追いやられていってしまうのが常である地域の歴史をこうして愛情をこめてまとめてくれる人を得た新井町は、幸運な町というべきでしょう。

残念ながら市販はされていないということですが、興味のある方はぜひお問い合わせください。

|

« 安全安心委員会県内調査 | トップページ | 今年もおおた夏まつりに行ってきました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新井町見聞記:

« 安全安心委員会県内調査 | トップページ | 今年もおおた夏まつりに行ってきました! »