« 貧乏人は医者にかかるな!~医師不足が招く医療崩壊~ | トップページ | 太田市産業環境フェスティバル・毛里田地区文化祭 »

2007年11月10日 (土)

第2回 マニフェスト大賞 受賞式

実行委員会のスタッフを務める蓮くんのお誘いもあって、昨年に引き続きマニフェスト大賞受賞式に参加しました。

_mg_4756

_mg_4755

今年のグランプリに輝いたのは福井県議会の県民連合。
六人の少数会派でありながら、提案した政治倫理条例をめぐり最大会派が分裂、最終的には賛成多数で条例を成立させ、マニフェストに掲げた政策を実現したことが高く評価されました。

_mg_4758

実は我が群馬県議会からも中村紀雄議員の県営住宅からの暴力団追放条例がノミネートされていたため、結果がどうなるかとても関心をもっていました。
残念ながら受賞はなりませんでしたが、グランプリノミネート自体、画期的なことだと思います。次回はぜひとも受賞を目指していただきたいと思います。

今年から創設された首長マニフェスト部門は、神奈川県の松沢成文知事が受賞。
話題の東国原宮崎県知事も審査員特別賞を受賞されました。

_mg_4762

東国原知事はスケジュールがおしていて忙しい中にもかかわらず、スタッフの制止を退けて、快く名刺交換と写真撮影に応じて下さいました。ありがとうございました。m(_ _)m

_mg_4763

審査委員長の北川前三重県知事も、首長選ではマニフェストが標準装備と言われるようになってきたとおっしゃっていましたが、マニフェストの導入は、憲法の成立にも似た政治の進化につながる可能性を秘めていると思います。
受賞者のみなさんをはじめとする参加者各位からの、ともに地方から日本の政治を変えていこうという熱意が頼もしく思われました。

わたしもがんばるぞ!

|

« 貧乏人は医者にかかるな!~医師不足が招く医療崩壊~ | トップページ | 太田市産業環境フェスティバル・毛里田地区文化祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 マニフェスト大賞 受賞式:

« 貧乏人は医者にかかるな!~医師不足が招く医療崩壊~ | トップページ | 太田市産業環境フェスティバル・毛里田地区文化祭 »