« 県外調査 宮崎県の鳥インフルエンザ | トップページ | 県外調査 鹿児島県警察機動センター »

2007年11月21日 (水)

県外調査 宮崎県・鹿児島県

二日目午前中は宮崎県三股町の防犯対策を調査しました。

Dsc00184

太田市でもよく見かける青色パトロールカー、三股町では職員の約三割の方が加入しているというボランティア組織をつくり、夕方五時から八時くらいの時間帯に運行しています。
きっかけはJAから青パト二台の寄贈を受けたことだそうです。いただいたものの担当職員二名ではとても活用しきれないと困っていたところ、職員の中から自分たちの町を守るために行動しようという声があがり、この「みまもらナイト」が発足することになったそうです。
自主防犯組織は各地に取り組みが広がっていますが、職員によるこのような取り組みはあまりないのではないかとのことでした。

鳥インフルエンザの発生時の対応をみても、職員のみなさんのモチベーションが高いことに感心します。ボランティアといいながら強制にならないよう自発的な参加を維持することは難しいことです。そのあたりに注意を払いつつ、群馬県でどのような生かし方ができるか、さらに検討してみたいと思いました。

二日目午後の調査先は、鹿児島県の桜島国際火山砂防センターです。

Dsc00197

群馬にも浅間山や白根山などの火山があります。桜島は浅間山などよりも山の規模は小さいですが、活発に活動する火山で、土石流も毎年二桁の回数で発生しているとのことでした。

Dsc00191

また、桜島は周りを海で囲まれているため、土石流が発生した時はうまく海まで流すという方針をとっているそうです。浅間ではそういう方法は取れないため、土砂を溜める場所が必要になると同行の群馬の砂防課長さんが説明してくれました。
桜島も浅間も火山や砂防の管理は国土交通省の直轄で行われており、姉妹事務所になっているそうです。頻繁に土石流の発生する桜島の砂防事務所から学ぶことは多そうです。

20071121160426

|

« 県外調査 宮崎県の鳥インフルエンザ | トップページ | 県外調査 鹿児島県警察機動センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県外調査 宮崎県・鹿児島県:

« 県外調査 宮崎県の鳥インフルエンザ | トップページ | 県外調査 鹿児島県警察機動センター »