« 群馬のお酒を楽しむ会 | トップページ | 稲刈りとみやま文庫の旅 »

2007年10月20日 (土)

群馬県総合防災訓練

前橋市粕川、サンデン赤城事業所で行われた県の総合防災訓練に参加しました。

前日からの雨もやみ、さわやかな秋空のもと、消防・警察・自衛隊や医療関係者などを中心に、郵便局やガス関係の方たち、一般ボランティアや市民など多くの方々が参加し、前橋市に直下型地震(震度6強)が発生したという想定で、さまざまな訓練の成果が披露され、見学しました。

_mg_4746

高層ビルの救助訓練では、4階建てのビルに見立てた構造物の壁面を消防隊員の方が垂直に駆け上ったり、駆け下りたり、ロープの引き具合で救助される人が安全に降りられるよう調節したりする妙技もありました。

_mg_4752_2

また、展示では自衛隊の移動式手術室が目を惹きました。通常は車幅が狭い状態で移動し、必要に応じて停車すると横幅が広がって手術室となります。1セット4台でおよそ4億円だそうです。通常走行では、高速にも対応しており、80キロ程度で走行できるということでした。

_mg_4750

備えあれば憂いなしといいますが、この訓練が実際に生かされる機会がないことを祈りつつ、万一のための準備は常日頃怠らないようにしなければとの思いを新たにしました。

_mg_4753

|

« 群馬のお酒を楽しむ会 | トップページ | 稲刈りとみやま文庫の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県総合防災訓練:

« 群馬のお酒を楽しむ会 | トップページ | 稲刈りとみやま文庫の旅 »