« 明日から9月議会が始まります。 | トップページ | 総合太田病院移転に関する説明会 »

2007年9月20日 (木)

県立小児医療センター 子育てセミナー

群馬県立小児医療センターで、第一回子育てセミナーが行われるということで、参加してきました。前橋駅からバスに揺られることおよそ35分。小高い丘にある小児医療センターに到着しました。

20070920101201

小児医療の専門病院であり、受診は紹介予約制のため、病院につきものの混雑はありませんでした。ロビーには椅子だけでなくベッドなどもあり、子ども用のアニメがテレビで流されるなど、一般の病院とは雰囲気が違います。

20名弱の参加者でしたが、おなかの大きい人や小さい子連れの人などが参加し、保健所の職員の方などもいました。内容は、「子どもの救急」ということで、窒息の場合の対応方法や嘔吐・下痢、熱、けいれんなど症状にあわせた対処法を先生が人形などを使って具体的に教えてくれました。

20070920101846

開始前に院長先生にお話を伺ったところ、小児医療センターでも、医師確保は苦労しているところで、現在も欠員が6名あるのだそうです。また、出産しても働き続けようとがんばっていた女医さんが、やはり無理で退職してしまったこともあるということでした。

NICUも満床の状態が多いそうですが、引き受けの依頼があれば、県内のあちこちと連携をとり、県内で無理であれば県外へも連絡してどこかで引き受けるよう対応しているそうです。

昨晩、NHKの「そのとき歴史が動いた」という番組で、全国に先駆けて乳児の医療費を無料化し、乳児死亡率ゼロを達成した村の話を見ました。赤ちゃんの命を救いたいという思いでさまざまな困難に挑戦した村長さんのお話でしたが、今日の小児医療センターの見学とセミナー参加ともあわせ、小児医療を取り巻く厳しい現状を変えていくためには、やはり政治のリーダーシップが欠かせないとあらためて感じたのでした。

明日は太田病院の移転に関する地元県議への説明会が予定されています。そのあたりも含め、しっかりお話を聞いてきたいと思います。

|

« 明日から9月議会が始まります。 | トップページ | 総合太田病院移転に関する説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県立小児医療センター 子育てセミナー:

« 明日から9月議会が始まります。 | トップページ | 総合太田病院移転に関する説明会 »