« 一般質問二日目 | トップページ | あおぞら元気市 »

2007年9月28日 (金)

議員のための決算の見方講座

はじめての決算審議を迎えるにあたり、決算書の見方を勉強したいと思い、桐生市議会議員で税理士でもある小滝芳江さんにお願いして勉強会を開催しました。

20070928193753

県議会では開会日に上程された決算は公営企業会計、病院局会計だけで、一般会計の決算は閉会日に委員会付託され、閉会中に審査が行われるそうです。そんなわけで、18年度の一般会計決算書はまだ配布されていないため、平成17年度の予算・決算の資料をもらって参考としました。

経常収支比率や公債費率、起債制限費率、実質公債費率、など財政の状況を見るための数値がいくつかあり、それらの状況を見ると、群馬県はこれまでの財政規律重視の厳しい予算編成を反映し、他県と比較して健全度は高いようです。

個々の事業についての評価は最終的には決算書・予算書だけではなく具体的な事業内容を見て精査する必要があり、これについては全事業について行うのはとても無理なので、特に関心のある項目や事業規模の大きいもの、急な予算執行がなされているものなどを抽出してチェックするのが現実的との意見もありました。

参加していただいた皆さんからそれぞれの立場や経験を踏まえた貴重な情報提供があり、予定時刻を大幅に過ぎてしまいましたが、議論は尽きない感じでした。遠くから参加していただいた皆様、遅くまで本当にありがとうございました!

|

« 一般質問二日目 | トップページ | あおぞら元気市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員のための決算の見方講座:

« 一般質問二日目 | トップページ | あおぞら元気市 »