« 議会改革検討委員会で検討してほしいこと | トップページ | 川崎医大救命救急センター »

2007年9月 4日 (火)

県外調査初日移動中

今日からいよいよ初の県外調査です。
現在新幹線で岡山へ移動中。せっかくなので新幹線の中も調査してみました。
グリーン車とふつうの指定席の差は一列に座席が四席あるか五席あるかということのようです。前後のスペースもグリーン車はかなりゆったりしています。

議会事務局の職員の方が二名、グリーン車に同行していますが、朝一緒にいた理事の姿が見えないので探しに行ってみました。すると、思った通り、後方の通常の指定席で発見!これなら議員が仮に二手に別れても特に問題はなさそうです。その上、同一行動と言っても途中から加わる方や途中でお帰りになる方もいるということがわかりました。

車内でも他のお客様もいるので特に委員に対して何か説明などがあるわけでもありません。ちなみにわたしたちがいるのは禁煙車両のグリーン車ですが、グリーン車には喫煙車両もあり、希望すればそちらの席を選ぶこともできるそうです。そうするともちろん車両は他の人と別になるわけです。

さて、今後たとえば車椅子の議員が誕生した場合はどうでしょうか?JRの方に伺ったところ、禁煙の指定席車両の中に車椅子で乗れるスペースがあり、1ヶ月前までに予約すれば多目的室という個室も利用可能だそうです。これらはいずれも通常の指定席の扱いで、グリーン車にはそういう設備はないとのことでした。とすると、この場合も必然的に別車両になります。

また、小さい子がいる議員が県外調査に行く場合、子どもを見ていてくれる人がいない時の対応もどうなるのか気になります。日帰りなら保育園や学童保育がありますが、泊まりとなるとどうしたらいいんでしょう?赤ちゃんだったら連れて行くのも選択肢かと思いますが、そのあたりもぜひ議会でルールを決めてもらいたいところです。

いつのまにか、新幹線も名古屋を過ぎました。この続きはまた後ほど。

|

« 議会改革検討委員会で検討してほしいこと | トップページ | 川崎医大救命救急センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県外調査初日移動中:

« 議会改革検討委員会で検討してほしいこと | トップページ | 川崎医大救命救急センター »