« 群馬県戦没者追悼式 | トップページ | 男女共同参画セミナー »

2007年8月18日 (土)

群馬県立自然史博物館

県立自然史博物館の企画展「アイスエイジ~氷河時代を生きた動物たち~」を家族で見に行ってきました。企画展のご案内と招待券をいただき、自然史博物館には行ったことがなかったので、とりあえず見ておかないとと思ったのですが、子どもたちは大喜びでした。

20070817164758

わたしはもともと小さい頃から博物館が好きで、上野の国立博物館県立歴史博物館などは何度も行ったことがあります。その度に時間が足りないぐらいあきずに展示物を眺めていました。

今回も、子どもたちをつれてといいながら、わたしの方が展示に見入ってしまって、閉館案内にせかされてようやく先に進むといった具合でした。

子どもたちはティラノサウルスの動く模型に一番ひきつけられたようで、頭や尻尾だけでなく目まできょろきょろと動くという芸の細かさに、「生きてるよ!」「こっちみた!」「お~い、こっちだよ!」「あれ?寝ちゃったみたい」などとすっかり興奮していました。

また、館内の随所にさわれる展示もあり、いつも「さわっちゃだめ!」と怒られている子どもたちは、「さわってみようって書いてある。」「ほんとにさわっていいの?」と最初はおそるおそる、そのうちにもうちょっと優しくさわったら?といいたいくらいさわり放題にさわっていました。

最後はおみやげコーナーで「アイスエイジ」のDVDまで買ってうちに帰ってみんなで見ました。見応え充分の自然史博物館、中学生以下は入場無料ですので、みなさんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

|

« 群馬県戦没者追悼式 | トップページ | 男女共同参画セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県立自然史博物館:

« 群馬県戦没者追悼式 | トップページ | 男女共同参画セミナー »