« 上原ひろ子さん | トップページ | ロック・ラモーラの優雅なたくらみ »

2007年6月26日 (火)

インヴィジブル・リング

中央公論新社から出版されている妹の訳した本のシリーズが完結したのでご紹介します。シリーズ・タイトルは「インヴィジブル・リング」。紅玉の戦士翠玉の魔女灰色の女王と続く三部作はタイトルからも想像がつく通り、どっぷりファンタジーです。

20070625_1016

霊力を持つ皇血族と、霊力を持たない非血族で構成される世界。皇血族の中では玉をもつか持たないか、その色が何色かで霊力の強さが決まります。強い霊力を持つ紅玉を持ちながら、ある失敗のため奴隷に身を落としたジャレッド。冷酷無比と名高い「灰色の女王」に買われるところから物語が始まります。

光ではなく闇を尊び、女性が統治者である独特の設定の世界の中で繰り広げられる華麗な物語、ファンタジー好きな方にはお勧めです!

|

« 上原ひろ子さん | トップページ | ロック・ラモーラの優雅なたくらみ »

コメント

紹介ありがとう。や、なんと申しますか……かなーりキワドイ設定の話なので、読んでやろうかという方はくれぐれも覚悟のうえで(笑)。たまたま二巻が出たとき伯父が居合わせて、ぱらぱらページをめくっていたんですが、ええもう、心臓が止まるかと思いましたとも。もちろん、異世界ファンタジーらしさはたっぷり味わえますが、とりあえず主人公が登場した時点であごが落ちます。じつは基本は純情初恋ストーリー(※視点は男性)なんです! と言ったら、何人信じてくれるかなあ……。ところで、わたしのイチ押しは、イラストレーターさんがあとがきで描いてくれたひとコママンガです。いや、本文もおもしろいですから! ホントに!

投稿: ふみよ | 2007年6月26日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インヴィジブル・リング:

« 上原ひろ子さん | トップページ | ロック・ラモーラの優雅なたくらみ »