« 議員インターンを受け入れます。 | トップページ | 祖母が亡くなりました。 »

2007年6月17日 (日)

初めての常任委員会

金曜日(15日)は初めての常任委員会でした。わたしの所属する常任委員会は、健康福祉常任委員会。病院局と健康福祉局の所管事項について検討する委員会です。内容は幅広く、医療のこと、福祉のこと、高齢者介護や子育て支援などさまざまなことを扱っています。

付託された議案は、タミフルの購入や小児医療センターのシステム開発の導入契約などのほか、健康福祉局関係の平成18年度一般会計補正予算の専決処分の承認を求めるもので、そのほか4件の請願についても審査しました。

はじめに、委員長挨拶と委員の自己紹介のあと、執行部のあいさつと自己紹介があり、そのあと付託された議案の説明、所管する事項の説明がありました。10時から始まって、そこまでで11時半。資料も事前に渡されている議案書や行政資料の分厚い冊子のほかに当日配布されたものが10点ほどもあり、それらのすべての説明をほぼ1時間ほどの間におこなうわけですから、ものすごいスピードです。ほとんど項目だけを早口で読み上げていくわけで、傍聴人が5名いらっしゃいましたが、内容を聞き取るのは難しかったのではないかと思います。

そのあと、9名の委員のうち6名が質疑をし、討論・採決、請願の審査、閉会中継続審査の決定などがあり、17時前に終了しました。

質問では、群馬大学に配備される予定の重粒子線治療装置での治療は、1回受けると300万円かかるが、これを受けてがんが治ればその後の医療費がかからなくなるということを考慮して、自己負担を軽減できるようにできないかということ、がんが治ると実際にどの程度医療費を減らせるのか研究してほしいということ、コムスンの問題で、法令順守は当然だけれど、過疎地域で介護を担う業者の大変さをどうとらえているのか、また、特別養護老人ホームの整備で700床をどう割り振ることに決まったのか、などがありました。

また、不妊治療についてやタミフルの備蓄量がこれで足りるのか、ドクターヘリの導入は具体的にどこに配備されるのか、などの質問もありました。

わたしからは、一般質問で指摘させていただいたファミリーサポートセンターや認可外保育施設への補助の問題のほか、タミフルの副作用についてどうとらえているか、特養の整備に関して、民間のグループホームなどの開設を抑制している中で大規模な施設でベッド数を増やすことに問題はないのか、東毛地域の周産期死亡率が前橋や小児医療センターのある渋川に比べてかなり高くなっていることの原因などについてうかがいました。

タミフルについては、もともと新型インフルエンザについてはタミフルを飲まなくても異常行動が起きることが指摘されていること、タミフルが使用されるようになってインフルエンザによる死者が激減したこと、現在因果関係についてタミフル販売会社などからまったく無関係の委員による調査が行われているので、心配いらないというような説明がありました。しかし、今朝の新聞ではタミフル服用後の異常行動がさらに増えたという記事もあり、正直なかなか安心する気持ちにはなれないところです。

また、特養のベッド整備については、市によっては独自の整備計画を持っているところもあり、そういったところはあくまで市の意向を尊重する形で整備を進めるとのことでした。

東毛地域の周産期死亡率が高いことについては、原因は不明だけれども2年ほど前に県の周産期死亡率が全国ワーストだったことを受けて調査を行い、命を救えたかもしれなかった事例が1、2件あったが、それだけだったので、医師不足が直ちに周産期死亡率の高さに結びついているとはとらえていない、ということでした。

調査結果をあとで教えてほしいとお願いしたところ、県が調査を行ったものではないこと、内容が微妙なので悪用されると困るから出せるかどうかわからない、という返事でした。

これについては、調査結果を悪用するというのはどんなことなのか、やや疑問に感じました。

所管事項が幅広いので、まだまだしっかり勉強する必要があります。閉会後も疑問点を解決できるようきちんと活動していきたいと思います。

|

« 議員インターンを受け入れます。 | トップページ | 祖母が亡くなりました。 »

コメント

 群大にて施工中の、重粒子線治療装置につき、教えてください。
1.1回受けると300万円の、自己負担額?
2.治療実施の開始予定時期
 ご多忙中恐縮に存じますが、関心が大きいので。

 毎日、ログを拝見、秘書で帯同の如く、議員活動が理解できます。

投稿: 永井羊一 | 2007年6月18日 (月) 12時31分

こんにちは!いつもご覧になっていただき、ありがとうございます。
お尋ねの件ですが、1の自己負担額については、以前は380万円くらいかかるといわれていたそうですが、現在では314万円くらいだろうと言われているそうです。
2の治療開始時期ですが、臨床試験の開始が平成21年度中の予定だということです。

投稿: あべともよ | 2007年6月18日 (月) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての常任委員会:

« 議員インターンを受け入れます。 | トップページ | 祖母が亡くなりました。 »