« 初めての常任委員会 | トップページ | 98条委員会の設置が決まりそうです。 »

2007年6月19日 (火)

祖母が亡くなりました。

祖母、恩田志か子が今朝6時40分永眠しました。享年92歳。ローソクの火がふっと消えるような穏やかな最期だったそうです。

祖母は埼玉の行田の出身で、女学生の頃はおてんばだったというのが本人の口癖でした。祖父恩田正一に嫁いでから、ずいぶん苦労したそうです。

母は祖母の三女にあたり、6人兄弟の下から二番目なので、他の兄弟から言わせると祖父が甘かったそうで、母はちょくちょくわたしや妹を連れて実家に行っていました。

わたしが最初に県議選に立候補したときからずっと応援してくれていて、選挙のとき、古い知り合いのところへ一緒にあいさつに行ってもらったり、カンパしてもらったり、なにくれとなく面倒を見てくれました。

上の子が小さい頃はまだずいぶん元気で、祖母に見ていてもらって太田市の広報の市民編集委員の仕事にいったりしていたことを覚えています。

戦争やその後の食糧難など、大変な時代を生き抜いてきたにもかかわらず、自分はいい時代に老後をすごさせてもらって幸せだ、子どもたち、孫たちの世代がどうなるかだけが心配だ、というのが口癖で、災害などが起きたときはかならず募金をしていました。

今回の選挙の半年ほど前に体調をくずして入院し、いったん退院しましたが、二月に再入院。選挙の直前にはもってあと1ヶ月だろうといわれました。ずっと応援してくれた祖母になんとかいい報告をしたいと、せめて選挙が終わるまでがんばってと祈っていました。その願いが通じたのか、比較的安定した状態の中で投票日を迎えることができ、翌日当選証書を受け取って一番に祖母に見せに行きました。祖母ははっきり応えることはできませんでしたが、わかってくれたようで、あとでお見舞いに行った母の話では、「ともよさんはみんなに約束して当選したんだから、みんなのためにしっかり働かなきゃダメだよ」といっていたそうです。

先週金曜日、常任委員会と行事の出席を終わって家に着くと祖母の容態が悪く、母が病院に行っていると妹に言われ、子どもたちを連れてみんなで病院にいきました。

日曜日も、脈が下がっているということで、急遽病院に駆けつけました。祖母は荒い呼吸でしたが、話しかけるとうっすらと目を開き、何かいいたそうな感じで握った手に力を込め、握り返してくれました。

昨晩、母は病院に泊まるといって一度帰ってきて再び出かけました。そのまま朝を迎え、血圧があがってきたということでほっとしていたところ、急に下がりはじめ、ついにはゼロになってしまったそうです。

苦しまずに逝けてよかった、と言っていました。

老衰でもあり、肺に水がたまって慢性心不全という状況だったそうで、最期はずっと全力疾走しているような状態だったそうです。夜、ようやく対面した祖母は、日曜日の苦しそうな様子とは打って変わって穏やかな表情になり、お化粧してもらってうっすらと微笑んでいるようでした。

最期の最期までがんばり続けた祖母に、ありがとう、おつかれさま、と伝えたいです。そして、「みんなに約束したんだから、みんなのために一生懸命働いて」という祖母の言葉を遺言として、祖母に誇りに思ってもらえるような活動をずっと続けていきたいと思います。

大好きなおばあちゃん、どうか安らかに眠ってください。

|

« 初めての常任委員会 | トップページ | 98条委員会の設置が決まりそうです。 »

コメント

ご愁傷さまです。
つつしんでご冥福をお祈りいたします。

今言葉がありません。
またあとで!

投稿: さきがけ | 2007年6月20日 (水) 02時28分

大好きなおばあ様がご逝去なされたとの事、お悔やみ申し上げます。
ともよさんのブログを読み私も母方の祖母を10年前に亡くした時のことを思い出しました。私の場合は祖母が健在中の時もそして今も、ある意味母以上の心の支えです。92歳のご高齢までお元気でお過ごしだった姿と教えはともよさんの2人の娘さんの心にもずっと残ることでしょう。私の子供たちがそうであるように…
おばあ様はともよさんがこれからも活躍する姿を確信して黄泉の世界に旅立ったことと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。合掌

投稿: 和子 | 2007年6月20日 (水) 09時56分

深くご冥福をお祈りいたします。

投稿: ロドリン | 2007年6月20日 (水) 10時04分

ともよさん、この度はご愁傷様でした。大変でしたね。しかし、ともよさんの文を読むと本当にすてきなお祖母様という事が拝見できます。選挙のいい結果を聞くまではとがんばられて当選後にりっぱに仕事をされてるのを確認できて安心してあの世に旅立たれたのかもしれませんね。人が亡くなる事は悲しいけれど故人の思い出を胸に刻み故人の分まで一生懸命生きていく事が残された者の宿命だと思います。最後にお祖母様の御冥福をお祈りいたします。また近々お会いしましょう。

投稿: 砂岡聡 | 2007年6月20日 (水) 14時15分

 ご冥福をお祈りします。 

投稿: 永井羊一 | 2007年6月20日 (水) 16時08分

ご不幸があったとは露知らず、夜遅くまで打ち合わせにつきあわせてしまい、大変に申し訳なく思ってます。
大切な人を失ったことを少しも顔色に出さず、むしろ、にこやかに面倒な話に耳を傾けてくださり、貴重なご発言をしてくださったことに敬服いたします。
おばあさまのご冥福を心からお祈り申し上げます。

投稿: 遠藤 | 2007年6月21日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖母が亡くなりました。:

« 初めての常任委員会 | トップページ | 98条委員会の設置が決まりそうです。 »