« 祝・初当選! | トップページ | 「先生」と呼ばれるのはキライです。 »

2007年4月24日 (火)

トリアージ 救命の優先順位

昨日(4月23日)放映されたNHKスペシャル「トリアージ 救命の優先順位」を見ました。ちょうど、友人が災害医療を学びたいと遠く大阪の最先端の取り組みを行っている病院に就職したばかりで、考えさせられることの多い内容でした。

トリアージというのは、一度に大勢のけが人が発生した場合に治療の優先順序を決めるものです。もっとも緊急度が高いのが赤タッグ。数時間は待てると判断されたのが黄タッグ。救命不可能との判断が黒タッグだそうです。

番組では、トリアージを行う現場における医療と消防の連携や情報伝達の問題、同じ赤タッグを付けられた人の中での優先順序の問題、そして亡くなった黒タッグを付けられた人の遺族の想いなどが取り上げられました。

混乱した現場で、瞬時にけが人の重症度を判断しタッグを付けていくことは、訓練と経験を積み重ねても難しいことだと思います。そして、それがどんなに的確な判断であったとしても、黒タッグを付けられた人の家族にとっては割り切れない想いが残らざるを得ないと思います。

それでも、大量のけが人が発生し、病院の収容能力にも治療の対応能力にも限界があるなら、一人でも多くの人を助けるためにトリアージはどうしても行わなくてはならないわけです。

けれども、緊急時の対応能力を高めるために普段からシュミレーションや訓練を積み重ねていくこと、万が一の状況を考えて対策をとっておくことで、トリアージの判断範囲を広げることができます。

たとえば、受け入れ病院が一つしかないのと十あるのとでは、赤タッグと黒タッグの判断基準には差が出てくるはずです。事故や災害、事件が起きる前の対策は、政治が担うべき部分でしょう。

このような決断は、災害医療の現場だけではなく、さまざまな場面で下さざるを得ないものです。そのときに的確な判断を行わなければ、かえって被害が拡大することになります。政治においても、税収や行政の能力に限りがある状況で、何をもっとも優先して取り組んでいくべきなのかが問われています。

|

« 祝・初当選! | トップページ | 「先生」と呼ばれるのはキライです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリアージ 救命の優先順位:

« 祝・初当選! | トップページ | 「先生」と呼ばれるのはキライです。 »