« 温室効果ガス回収方法の発明者に懸賞30億円 | トップページ | 強風 »

2007年2月14日 (水)

マグロ漁船乗組員ら3人を救助

2月9日から連絡が取れなくなっていたマグロ漁船幸吉丸は、11日に船体後部が会場に浮かんでいるのが発見され、乗り組んでいた3人の安否が気遣われていましたが、報道によると12日午前、救命ボートに乗っているところを発見され、無事救助されたそうです。

おりしも、2月10日は練習船えひめ丸がハワイ沖で米潜水艦に衝突され沈没した日。現地時間では9日がその日にあたります。

なんとか無事見つかってほしいと祈るような気持ちでしたが、無事救助の報を聞いて本当にほっとしています。

さらに今日、幸吉丸に衝突したのは自社の船の可能性が高いと鹿児島のマルエーフェリーが発表したそうです。

当て逃げではなく、衝突したことに気づかなかったとの説明だったそうですが、仮にそうだとすればそれ自体大きな問題です。マルエーフェリーが自発的に公表したことで、事故原因の究明に向けて大きな一歩となったわけですが、今後の詳細な調査が必要だと考えます。

|

« 温室効果ガス回収方法の発明者に懸賞30億円 | トップページ | 強風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグロ漁船乗組員ら3人を救助:

« 温室効果ガス回収方法の発明者に懸賞30億円 | トップページ | 強風 »