« 日々の出会いに感謝 | トップページ | 春のきざし »

2007年2月 5日 (月)

かき菜の澄まし汁

20070205_1931

この時期になると近所のあちこちで収穫される地元のなっぱ「かき菜」。夫の実家の近辺や、よそから来た人に聞くと知らないといいうので、この辺の特産物なんだと思っていました。調べてみると、菜の花の別名だそうです。

たまに苦いのがあるのですが、たいていは歯ごたえと甘みがあり、我が家ではおひたしや煮びたし、味噌汁などに入れて食べます。

このかき菜でお味噌汁をつくろうと、細かく切っておなべにお湯を沸かし、いざ投入!となってはっと気づきました。おみそがない!

さすがに味噌なしで味噌汁はつくれません。そうかといっていまから買いに行くのもなんだし・・・。結局、味噌汁はあきらめて、澄まし汁にしました。

かき菜を澄まし汁にするのは初めてで、どんな出来具合になるかちょっと心配だったのですが、以外においしくできました。味噌汁と違って澄まし汁は色がうすいので、さっと火の通ったかき菜の緑が鮮やかに引き立ちます。

薄味の汁もかき菜の早春の香りを際立たせて、一足早く春の訪れを感じさせてくれました。今度はきのこや溶き卵を入れてみてもいいかな、と思っています。

|

« 日々の出会いに感謝 | トップページ | 春のきざし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かき菜の澄まし汁:

« 日々の出会いに感謝 | トップページ | 春のきざし »